最近よく見かけるRSSってなんだ?

RSSのイメージ画像

ブログをやるようになって、他の人のブログを見るようになりました。

ほかの人のブログを見ていると、自分との文章力などの差を感じて、へこみます。

こんな、面白い文章が書きたい・・・・

でも、いつかはもっと面白い文が書けるよう、努力をしようと思います。 o(`・ω・´)○

最近気づいたのですが、RSSと言うのをよく見かけます。

最初は、別に気にしていなかったのです、

新しい流行かも?

と思うようになりました。

そこで、RSSについて調べました。

  RSSってなに?

RSSとは「Really Simple Syndication」「Rich Site Summary」の略語で、日本語では、「共通規格化されたサイト概要」といった意味を持ちます。
 
RSSではウェブサイトのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを配信できるため、更新を頻繁に行うニュースサイトやブログなどで、最新記事を広く知らせる目的で利用されています。
 
RSSを提供しているサイト上に設置された「RSSボタン」を押すと、RSSファイルを確認できます。
 
しかし、このままでは非常に読みづらく、RSSを便利に使用するにはRSSリーダーが必要です。

RSSリーダーとは、サイトの更新情報を自動的に集めるソフトウエアやウェブサイトのことです。
   

   RSSリーダーってなに?

RSSリーダーを使用すると、ウェブサイトにアクセスしなくても、そのサイトの最新情報をチェックできます。
 
提供している機能はそれぞれのRSSリーダーによって異なりますし、次々と新しいタイプのものが出てきていますので、あなたの好みに合わせて利用してください。
 
なお、My Yahoo!のRSSリーダーは「ウェブサービス型」と呼ばれるものです。

My Yahoo! より
http://my.yahoo.co.jp/st/rss/q1/index2.html

——————————————————–

いまいち、よくわかりません。
もっと調べることにしました。

 読み方 : アールエスエス
フルスペル : Rich Site Summary
別名 : Really Simple Syndication, RDF Site Summary

 Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマット。主にサイトの更新情報を公開するのに使われている。

 RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができる。RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を統一的な方法で効率的に把握することができる。

意味・解説 : IT用語辞典 RSSとは より
http://e-words.jp/w/RSS.html

——————————————————–

正直なところ、まだまだ?(はてな)が続きます。

えい、もう一つ調べることにしました。

RSSは、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称である。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 RSS より
http://ja.wikipedia.org/wiki/RSS

——————————————————–

今度は、分かったような気がします。

つまり、ブログの情報を発信できるのですね?

そのやり方は、長くなりそうなので、別のページで発表します。

じつは、このブログにも、RSSが付いているみたいなのです。

この画面のずーと下の方を見てください。

一番下の、右の方にRSSと小さいのがありませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク