また、あのうっとうしい季節がやってきます。そう、あれです、あれ

スギ花粉のイメージ画像

また、あのうっとうしい季節がやってきます。

この話を聞いているだけで、ティッシュが必要になってきます。

私は、その期間は別世界に行っています。

一日中頭がボーっとしています。

あ~、やだやだ、花粉の話です。

花粉「ひと目で観測」、全国へロボ出動

シーズンを前に全国へ「花粉ロボ」出動 花粉シーズンを前に、民間気象会社「ウェザーニューズ」(東京都港区)が、全国の協力者200人に花粉観測機器を発送する作業を進めている。

「ポールン(花粉)ロボ」と名付けられた同機は、直径約30センチの発泡スチロール製。観測装置が入っており、花粉量に応じて目の色が白から赤、紫などに変化する。観測データはインターネット経由で自動集計し、ホームページや携帯サイトで花粉情報として提供する。

同社は「今春は過去5年間で2番目に多い年になりそう」と予測している。

(2008年1月28日22時39分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080128-OYT1T00576.htm

↑上記のアドレスに、その「ポールン(花粉)ロボ」の画像があります。正直なところ、これがロボット?と思います。

—————————————–

私が、花粉症になったのは、かなり昔のことです。

そのころは、まだ花粉症と言う言葉が、世間に知られていませんでした。

じつは、私も自分が花粉症だとは知りませんでした。

いつも、そのシーズンになると、ティッシュが手放せませんでした。

会う人、会う人に

「風邪でもひいたの?」

と、聞かれていました。

最初は、風邪ではなく、その原因不明の状況を、ちゃんと説明していました。

でも、あまりにも同じ事を、沢山の人に聞かれるので、最後には

「カゼ?」

「うん」

と言っていました。私はウソつきです。

しかし、これだけ花粉症が有名になると、その苦労が懐かしくもあります。

今では、

「花粉症?たいへんやね~」

と相手から言ってくれます。

でも、あの不快感は、ちっとも変わりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク