もう少し、ひねりがほしいです。インドの芸術祭に「毛むくじゃらの車(名前はシロクマ)」登場

毛むくじゃらの車のイメージ画像

最初に、この画像を見た時に、

雪が積もった画像かと思いました。

それにしては、何か少し変です。

たまに、芸術として、

私のような凡人には、まったく理解できないものがあります。

「いったい、これのどこが芸術なの?」

って感じで頭を悩ませます。

私の中では、芸術=(イコール)訳のわからないもの。

なる、式が出来上がっています。

しかし、そのようなものばかりが、マスコミで取り上げられるので、

今回の車の記事を見て、もう少し、ひねりがほしいのが感想です。

でも、やっぱりなんだか面白いです。

インドの芸術祭に「毛むくじゃらの車」登場、名前はシロクマ

2月6日14時51分配信 ロイター

[ムンバイ 4日 ロイター] 当地で開催中の芸術祭で、毛むくじゃらの車が作品として展示されている。同作品は「シロクマ」という名前が付けられており、その名の通り、車体部分が白い人工毛でびっしりと覆われている。

見物に訪れた人たちは、実際にふさふさした毛を触れたりして、作品を鑑賞していた。

インドの芸術祭に「毛むくじゃらの車」登場、名前はシロクマ(ロイター) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク