どんな味がするのでしょうか?全面的にリニューアル「カルカン」発売

カルカンのイメージ画像

別に、猫を飼っているわけではありません。

しかし、猫好きもあって、このニュースに飛びついてしまいました。

同じように、飛びついたあなたも猫好きですか?

「カルカン」ってい言うくらいだから、カンカンに入っていると思いました。

カンカンのバージョンもあるみたいですが、袋のカルカンには、猫の絵が入っているので気に入りました。

キャットフードの、パッケージにはどれも、かわいい猫が印刷されています。

猫を飼っていないのに、その猫の写真がかわいいので、キャットフードを本当に買おうか迷ったことがあります。

昔、私も猫を飼っていたことがありました。

野良猫を拾ってきたのですが、いつの間にか贅沢になりました。

煮干をおやつ代わりに与えていました。

よく食べ、そのにぼし代もばかになりません。

そこで、安い煮干をあげることにしました。

すると、安いにぼしは食べませんでした。

結局そのにぼしは、人間が食べることになりました。

もし、その猫がいれば『カルカン』はどうでしょう?

グルメな、ねこに感想を聞いてみたいです。

「カルカン」リニューアル発売
 マースジャパンリミテッド(東京都目黒区)は、今年で発売27周年になるキャットフード「カルカン ウィスカス」シリーズを全面的にリニューアルし、2月8日から発売する。老齢期の「11歳から」用を追加、従来からの「12カ月までの子猫」「1歳から」「8歳から」と併せて4段階の構成となった。カロリーは子猫用が一番高めの100グラム当たり105キロカロリーで、以後段階的に低くしているが、老齢期用は少食になっても栄養が補給できるよう、同70キロカロリーと高めに設定している。マグロなどの魚肉を中心に、ささ身などが入った「味わいセレクト」「オリジナル缶」、穀類などを加えた「海と大地の6品目」を発売。いずれもオープン価格。

時事ドットコム:「カルカン」リニューアル発売

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク