お祭り騒ぎかな?真夏の雪だるまに8千人歓声=北海道安平町が贈り物-ブラジル

日本から来た雪ダルマのイメージ画像

数日前、大阪でも雪が降り、積もりました。

用事があったので、外を歩いていると、小さな雪ダルマを見ました。

何だか、ほほえましくなりました。

大阪では、めったに雪が降りません。

いつもは、ふっても積もることはありません。

しかし、数日前に降った雪は積もりました。

寒い、寒いと文句を言っていても、久しぶりの雪だとうれしかったです。

外に出て道を歩いていると、そこらじゅうで、小さな雪ダルマを見ました。

雪が積もったと言っても、普段、雪が振らない大阪です。

たかが知れています。

巨大な雪ダルマなんて作れません。

昔、アルバイトで鳥取に行ったことがあります。

そこでは、寮に入っていました。

その寮には、全国から人が来ていました。

もちろん、沖縄の人もいました。

あるとき、大雪が降りました。

私は、用事を済ませ、寮に帰ってくると、大きな雪ダルマを作っている人がいました。

それは、沖縄の人でした。

聞いてみると、初めて雪を見たそうです。

その、沖縄の人は元気で、真冬でも半そででした。

とても楽しそうだったので、見ているこちらも楽しくなりました。

でも、ちょっと、おかしくも見えました。

なぜならば、その沖縄の人の見かけは、バリバリのヤンキーだったからです。

金髪にピアスの、いかにも怖そうな兄ちゃんが、半そでで雪ダルマを作っている姿を想像できますか?

それも、たった一人で・・・・・・

真夏の雪だるまに8千人歓声=北海道安平町が贈り物-ブラジル

 ブラジル・サンパウロに10日、日本人移住100周年を記念して北海道安平町から大小の雪だるまが届いた。サンパウロは一年中、雪が降らず、現在は真夏。初めて見る雪に日系人ら約8000人が歓声を上げた。
 届けられたのは高さ2メートル、重さ1.3トンの大だるまと、高さ45センチ、重さ4キロの30個の小だるま。雪だるまで町おこしを図る安平町の有志が制作し、飛行機で運搬。ブラジル北海道協会に寄贈した。
 同協会には、雪を一目見ようと100メートル以上の行列が数時間にわたって続いた。日系3世のフラビア・ヨシダさん(10)は「初めて雪に触った。思ったより固かった」と驚いた様子だった。

時事ドットコム:真夏の雪だるまに8千人歓声=北海道安平町が贈り物-ブラジル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク