やはり必要でしょう?サクラクレパスの「まつざきしげるいろ」が話題

サクラクレパスの「まつざきしげるいろ」のイメージ画像

あの色は、なかなか出せなくてね~って人に朗報です。

サクラクレパスで「まつざきしげるいろ」が発売されているとか?

これって、ジョークですか?

どうも、本当のようです。

サクラクレパスにこんなページがありました。
「まつざきしげるいろ」の作り方の紹介

なかなか、洒落のわかる会社ですね。

もちろん、これって真剣に会議して、商品化したのでしょうね?

どんな会議だったか、見てみたいです。

社員の一人が、まつざきしげるを熱く語ったのでしょうか?

改めてみると、まつざきしげるってこんな色なのですか?

イメージは、もっと黒かったような・・・・

テレビが悪いのが、まつざきしげるは、いつも真っ黒けで顔がわからなかったような・・・

ところで、もちろん、これって小学生も使いますよね?

「せんせ~、まつざきしげるいろが無くなった~」

みたいな、小学校の授業風景を見てみたいです。

でも、この色の意味がわかるのは、先生だけでしょうね?

サクラクレパスの「まつざきしげるいろ」が話題

 株式会社サクラクレパスの販売している水彩絵の具「マット水彩 MW12PT」に入っている「まつざきしげるいろ#55」が、ネット上で話題となっている。

 これは、サクラクレパスが、フジテレビの番組「トリビアの泉」の企画で制作した色で、「まつざきしげるいろ」と印刷したチューブと個装箱だけでなく、実際、松崎の顔の色に合わせたマット水彩が配色されている。

 さらに、サクラクレパスのホームページでは、4色を決められた割合で混合する「まつざきしげるいろ」の作り方も紹介されている。ただし他社の絵の具では再現不可能とのこと。

 このことに対するコメントには、「松崎しげるを描くときに使うのか」等戸惑いの声もあったが、「これをまじめにつくることがすごい」、「サクラクレパスには敵わない」等、支持的なものが多く見られた。

サクラクレパスの「まつざきしげるいろ」が話題 – Ameba News [アメーバニュース]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク