Appleの携帯のニュースですよね?iPhone:世界シェア3位に急浮上 スマートフォン市場

iPhone(アイフォン)のイメージ画像

iPhone(アイフォン)って確かApple(アップル)の携帯だったと思うけど・・・

そこでニュースの記事を、ざっと読んで見ました。 しかし、何のことやら?

この際、調べてみるか~。 世界シェア3位になった、スマートフォンって何?

まず、わからないのが、スマートフォンって言う意味です。

予想は、携帯電話だと思うけれど?どうでしょうか?

スマートフォン (Smartphone) は、携帯電話・PHSと携帯情報端末 (PDA) を融合させた携帯端末。

通常の音声通話や携帯電話・PHS単独で使用可能な通信機能だけでなく、本格的なネットワーク機能、PDAが得意とするスケジュール・個人情報の管理など、多種多様な機能を持つ。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ま~、この説明によると、携帯電話も含まれているので、私の予想も完全には、外れていませんよね?

私は、自分の間違いを認めない、わがままさんで~す。

よくわかりませんが、今の日本の携帯電話も、いろいろついてますよね?

どこか違うのでしょうか?

携帯情報端末 (PDA)あたりがキーポイントかも?

今度は、携帯情報端末 (PDA)を調べてみます。

携帯情報端末(けいたいじょうほうたんまつ)とは、スケジュール、ToDo、住所録、メモなどの情報を携帯して扱うための小型機器。Personal Digital Assistant(Personal Data Assistanceと表現されることもある)を略してPDAと一般に呼ばれることが多い。PDAは、当時のアップルコンピュータのCEO(元ペプシコーラの社長)だったジョン・スカリーによる造語である。個人情報端末と呼ぶ事もある。

近年のPDAは上に挙げた機能の他にも多くの機能を実装しつつある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今の携帯電話との違いがわかりません。

明確な区別がつきません。

同じようなものでも、会社によったら名前が違ったりしますし・・・

もうちょっと、PDAを調べることにしました。

PDA
読み方 : ピーディーエー
フルスペル : Personal Digital Assistants
 個人用の携帯情報端末。手のひらに収まるくらいの大きさの電子機器で、パソコンのもつ機能のうちいくつかを実装したものをいう。液晶表示装置や外部との接続端子を搭載し、電池や専用バッテリーで駆動する。シャープのザウルスやApple社のNewton、カシオのカシオペア、Palm Computing社のPalmなどが有名。

PDAとは 【Personal Digital Assistants】 – 意味・解説 : IT用語辞典

正直なところ、まだわかりません。 しかし、説明は携帯電話とは違うようです。

携帯電話より、もっと機能が充実しているのでしょう?

私は、携帯電話すら持っていないので、今の携帯電話がどんなものか分かりません。

簡易パソコンって感じでしょうか?

海外の携帯電話事情は、日本とは違うようなことを聞いたことがあります。

今回は、これ以上コメントできません。

以下が、私が気になった記事です。 

iPhone:世界シェア3位に急浮上 スマートフォン市場

調査会社の英Canalys社はこのほど、2007年第4四半期の世界のスマートフォン出荷台数は前年同期比71.9%増の3552万台だったと発表した。『iPhone』を発売したApple社のシェアは6.5%で、早くも3位の座を握った。

Apple社の出荷台数は232万台。特に米国市場ではシェアが28%に達し、2位に躍り出ている。スマートフォン以外の携帯電話も含めた総合シェアは1%未満にすぎないが、この分野では上位に食い込むのに成功した。

 首位はフィンランドのNokia社で、シェアは52.9%(前年同期は53.8%)、2位はカナダのResearch In Motion社で11.4%(同8.9%)。米Motrola社は6.5%(同7.1%)で、僅差でApple社に抜かれた。出荷台数には通信機能付きPDAも含まれる。

米国でiPhoneが発売されたのは、2007年の6月末。11月以降、英、仏、独でも販売が始まっており、さらにシェアが増えるとみられる。

iPhone:世界シェア3位に急浮上 スマートフォン市場 | WIRED VISION

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク