私は、見るだけにしたいです。みんなでパラパラ漫画描ける「flipbook.in」公開

パラパラ漫画描ける「flipbook.in」のイメージ画像

ネットには、いろいろなサービスが生まれます。

今度は、パラパラ漫画化して、共有できるサービスが公開されたそうです。

そういえば、私も学生時代に、大作を作りましたっけ。

誰もが、一度は作ったことがあるのでは?

私だけですか?

私の周りは、結構やっていましたよ。

教科書のすみに、鉛筆で強く書きます。

次のページをめくって、うっすら写った型を、ちょっとずらして次の絵を。

そんな感じで、職人の技は続きます。

最初は、大の字に似た、人間がバクテンしているパラパラ漫画でした。

それが、いつの間にか、ストーリのある大作へ。

結構、みんなに好評でした。

授業中限定ですけど。

そんな、パラパラ漫画がネットで楽しめるそうです。

今、ちょっと見ましたが、あまりたいした作品は無かったです。

私も、1枚書いて挫折しました。

これも、そのうち驚くような作品が生まれるでしょう?

私は、見るだけにしたいです。

今は、描き続ける根性がありません。

みんなでパラパラ漫画描ける「flipbook.in」

Webブラウザ上で絵を描き、パラパラ漫画化して共有できるサービス「flipbook.in」をロケ☆スタが公開。「世界最大のパラパラ漫画共有サイトを目指す」という。

次のコマの表示が始まると、前のコマは半透明色化して“残像”に。なめらかに動くパラパラ漫画を作ることができる。残像表示はオフにもできる ロケットスタートは2月14日、Webブラウザ上で絵を描き、パラパラ漫画化して共有できるサービス「flipbook.in」(フリップブックイン)を公開した。「世界最大のパラパラ漫画共有サイトを目指す」としている。

ペンの太さや色を選んでマウスで1コマずつ絵を描き、連続再生してパラパラ漫画化できる。描いた絵を次のコマにコピーして、一部だけを改変する――といったことも可能だ。再生スピードは「0.1倍速」から「10倍速」まで変えられ、漫画やプレゼン資料を1コマずつ見せる、といった用途も想定する。

作成したパラパラ漫画は保存して公開可能。GIFアニメ化してダウンロードしたり、HTMLタグを出力してブログなどに貼り付けることもできる。漫画に感想コメントを付ける機能も装備。公開された他人のパラパラ漫画の続きを描くこともできる。

今後、お気に入り登録機能など、コミュニティー機能を拡充してく予定。英語版、中国語版も作成し、「世界最大のパラパラ漫画共有サイトを目指す」としている。

同社はWebサイト構築・運営経験のある6人で構成するベンチャー企業。新サービスの開発は「字幕.in」の矢野さとるさんが、デザインは水波桂さんが担当した。

みんなでパラパラ漫画描ける「flipbook.in」 – ITmedia News


みんなでパラパラ漫画描ける「flipbook.in」のサイトはこちら

http://flipbook.in/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク