決着ついたかな?東芝:HD撤退へ ブルーレイ支持広がり、継続困難に

次世代DVD争いが決着のイメージ画像

このニュースは、新世代DVD規格争いのニュースです。

でも、今までとはちょっと違うようです。

どうも、決着がついたようです。

ブルーレイ・ディスク(BD)と、HD-DVD(HD)が、次世代DVDの標準として激しい主導権争いをしていました。

しかし、最近はブルーレイ・ディスク(BD)の方が、優勢なニュースが流れていました。

米ウォルマートが、次世代DVD商品を「ブルーレイ」に一本化みたいなニュースです。

そんな中、東芝がHD-DVD(HD)方式から撤退すると言うニュースです。

消費者としては

「どっちでもいいから、早く決めてー」

と言いたいです。

先ほどのNHKのニュースで、東芝の損失は数百億円とか?(この金額のソースは、まだないので、間違っているかも知れませんが、これくらい莫大な金額でした。)

でも、こんな莫大な損失が出るなら、止められませんよね。

どうりで、規格争いが長引くはずです。

これでやっと、ブルーレイ・ディスク(BD)を安心して買えます。

でも、その前に、テレビを買わなくちゃ♪

東芝:HD撤退へ ブルーレイ支持広がり、継続困難に

 高画質のハイビジョン映像を長時間録画できる新世代DVD対応機の規格争いで、東芝は16日、「HD-DVD」(HD)方式から撤退する方向で最終調整に入った。ライバルの「ブルーレイ・ディスク」(BD)方式に販売シェアで大きく引き離され、ソフトを供給する米映画会社も相次いでBD方式への支持を表明し、HDの劣勢が鮮明となり、事業継続は困難と判断した。東芝の離脱で互換性のない両方式の規格争いはBD勝利で決着する見通しとなった。

 東芝首脳は同日夜、「いろいろなシナリオを想定して検討している。来週中には決める」と語った。

 新世代DVDを巡っては、東芝が推進するHDと、ソニーや松下電器産業、日立製作所が推進するBDが激しい主導権争いを展開してきた。だが、新世代DVDの販売が本格化した昨年の年末商戦で、日本ではBD方式が90%超のシェアを占め、HDを圧倒した。

 また、市場動向を左右する映画ソフトの品ぞろえでも、ワーナーブラザースがBDに一本化すると発表するなど映画界でBD支持の動きが広がった。

 15日には、小売り世界最大手ウォルマート・ストアーズもBD方式支持を表明。HD陣営は巻き返しが困難な状態に追い込まれた。

 東芝は当面、店頭販売は継続するが、生産は停止し、在庫がなくなり次第、販売も取りやめるとみられる。【赤間清広】

【ことば】HD-DVD 東芝などが推進する新世代DVDの規格。青色レーザーでディスク表面から0.6ミリの深さの層に記録する。記録容量は最大30ギガバイトで、同50ギガバイトのブルーレイに劣るが、現在のDVDに近い構造のため、現行の製造装置が活用でき製造コストは安くできる長所がある。

東芝:HD撤退へ ブルーレイ支持広がり、継続困難に – 毎日jp(毎日新聞)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク