それでもやりたいですか?本の厚みで見るインターネット販売の現状

インターネット販売の本のイメージ画像

本屋に行って、ふと、ある本が目に付きました。

その本は、インターネットでお店をする場合の、方法などを書いた本です。

私も、以前にインターネット販売の仕事をしていたので、気になりました。

「薄くなったな~」

これは、私が本を見た感想です。

この本は、昔から同じような内容なのですが、紹介されているお店が変わったりと、少しずつ改定されて出版されています。

私も、昔、この本を参考にしました。

本の厚みも、今の倍あったと思います。

また、紹介されているネット販売の規模も、今と違っていたと思います。

私が最初に見た時は、ネットがブームの時でした。

誰がやっても、儲かる時代でした。

それに便乗するかのように、知識もほとんどない、怪しい業者が沢山ありました。

ネット販売の仕事をしていたため、私あてに、頻繁に電話がありました。

その怪しい業者からの、セールスの電話です。

今、思えばそれも懐かしいです。

私は、今はネットの仕事をしていません。

しかし、毎日のようにパソコンをさわり、日々、新しい事を探しています。

おいしい話も、今では昔話です。

それでも、ネット販売を早くから初めて成功したところは、今もかなりの金額を稼いでいるようです。

今は、ネット販売で、大金を稼いでいるのは極少数です。

その他の人は、かんばしくないのが、現状でしょうか?

本の話に戻りますが、昔は、億の金額が、紙面で踊っていたような記憶があります。

いまは、トップに紹介されているお店の月商が200万円で、あとは非公開となっています。

トップが、200万円だと、後はそれほどたいした事はないのでしょう?

また、ブームには流れがあります。

若者から、年配者へ。

大体、この流れです。

若者が飽きたころに、何でも、年配に紹介されます。

NHKで、よくやっている、始めよう~(なになに)って感じですか?

この本を見てみると、”ネットショップで、第二の人生”みたいな企画が載っています。

こうなると、ブームは完全に終わりではないでしょうか?

しかし、ネット販売がなくなるわけではありません。

私の友人のように、地方に住んでいる人間には無くてはならないものです。

これからも、話題には上がらなくても、いろいろな店ができるでしょう。

しかし、昔のように、作ってすぐに大儲けなどと言う事は、よほどの事がないと無理でしょう。

でも、コツコツと続ければ、きっと成果は現れると思います。

ネット販売を始めて、3ヶ月の売上が0円でも、最初と同じモチベーションでがんばれるかが、成功するかの分かれ道だと思います。

どうです、あなたはこれを読んでも、やって見たいですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク