SQLiteのデータが消えちゃったよ。

MySQLのイメージ画像

このブログのアクセス解析のデータ保存に、SQLiteを使用しています。

今まで、データベースはMySQL しか使った事はありませんでした。

初めて使う事に不安がありました。 しかし、お手軽なようなので興味がありました。

まず、使ってみて驚いたのが、ファイルが1つしか出来なかったことです。

データは、sqlite.dbのファイルに、すべて書かれているようです。

そのファイルを、メモ帳で開いてみました。

ところどころ、文字化けしています。

しかし、SQLiteCC3 日本語版を使って、中を見る事ができました。

これを使うと、データの細かいところまで見る事が出来ます。

テーブルの構造まで表示されます。

ファイルが1つしかない事に、かなり不安はありましたが、こうやって見ると立派なもののように感じます。

SQLiteは、サーバー側で使っています。

私の使っている、回線の速度にもよると思いますが、ちょっと遅いな~が感想です。

私のブログは、アクセスも少ないので、アクセスに関するデータは少ないです。

それでも、少しずつですが、データは増えています。

日増しに、アクセス解析のページを表示させる時間が、少しずつ時間が掛かるようになってきたように感じます。

さて、今回のデータがとんだ件です。

約130件のデータの更新でした。

単純な作業だったので、ヤフーの動画を見ながらやっていました。

やはり、ヤフーの動画を見ていると、インターネットのつながりもかなり遅くなります。

今回のデータの更新は、不安はありましたが、たかだか130件です。

MySQLなら、これくらい問題なく出来ていたと思います。

今回もMySQLと同じような気持ちで、データ更新をしました。

しかし、それがまずかった・・・

データを変更して、更新のボタンを押しました。

なかなか、データ終了の画面になりません。

動画を見ていたので、それはしょうがないと思っていました。

それにしては、かなり時間が掛かります。

だんだん、これはまずいと思ってきました。

データの更新状況が、止まったようです。

しかし、どうする事もできません。

完全に固まってしまいました。

ブラスザをいったん閉じて、もう一度アクセス解析のページにアクセスしました。

「頼む、ちゃんとできていてくれ~」

祈る気持ちで、変更していたデータを見ました。

途中までは、ちゃんと出来ていましたが・・・

後は、綺麗に消えていました。

今回は、動画を見ていたので、それも原因のうちだと思います。

しかし、もしこれがMySQLならどうでしょうか?

今までに、MySQLで同じような状況になった事はあります。

しかし、そのときは問題なく更新されていました。

たまたまだったのかも知れません。

でも、今回のデータが飛んだのが、アクセス解析のデータだったんでよかったです。

もし、これが他のデータだったと思うと・・・

いい勉強になりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク