私のブログは、マイナス48点でした

HTMLの文法チェックのイメージ画像

ブログを沢山の人に見てもらうには、Googleなどのサイトで検索して、始めのページに表示されるようにしなければいけません。

この最初のページ表示するようにするテクニックを、SEOと言います。

SEOは、ブログが作られている言語のHTMLを、正しく使うのもその一つです。

ホームページや、ブログはHTMLで作られています。

【HTMLとは】
HyperText Markup Language(HTML、ハイパテキストマーク付け言語、ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)は、ウェブ上のドキュメントを記述するためのマークアップ言語である。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ちょっと違うかもしれないが、HTMLとはホームページやブログを作る言葉です。

ホームページやブログは、HTMLをちゃんと書いていると思うかもしれません。

しかし、これが、けっこういい加減でもちゃんと表示されます。

立派に見えるサイトでも、HTMLを見ると間違いが沢山あったりします。

このブログは、WordPressと言うソフトを使っています。

WordPressは、HTMLを注意して作られているみたいです。

ウェブ標準に準拠しているらしいので、文法はばっちりだと思います。

ところで、このHTMLが文法的に正しいかチェック出来るサイトがあります。

Another HTML-lint gateway

このサイトのフォームに、チェックしたいアドレスを入れてボタンを押すだけです。

私は、結果を期待してチェックしました。

その結果、マイナス48点でした。

「え~~~~、なんで~~~~」

このソフトは、他人が作ったソフトなので、文法を注意されても変更できません。

結果に驚きながら、採点の結果を見ました。

このサイトは、文法のおかしいところを、赤文字で教えてくれます。

文法のおかしいところを見ると、私がこのWordPressに追加したところばかりでした。

つまり、点数が悪いのは私の責任でした。

結果をみて、文法のおかしいところを直しました。

そして、文法をチェックしなおしました。

すると、63点になりました。

評価は、普通だそうです。

まだまだ文法の間違いはありますが、少しずつ治していこうと思います。

ちなみに、63点はかなりいい成績だと思います。

たとえば、

Yahooのトップページは、マイナス16点でした。

以前にも試した事があります。

最近、Yahooはトップページのデザインを変更したみたいです。

それによって、得点がマイナス16点と良くなったようです。

次に、Googleのトップページです。

結果は、マイナス177点でした。

Googleのトップページはシンプルですが、目に見えないHTMLが沢山使われています。

最後に、マイクロソフトのトップページです。

結果は、マイナス36点でした。

すべて、有名なサイトですが、結果はすべてマイナスです。

評価は、”がんまりましょう”です。

これで、私のブログが、どれだけ高得点か分かっていただけたでしょうか?

あなたも、いろいろなサイトをチェックしてみて下さい。

結構、楽しめるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク