私は理解できませんが、外国人なら?外国人向けアキバサイト「Akibanana」-オタク文化を世界に

外国人向けアキバサイト「Akibanana」のイメージ画像

世の中には、理解できないものがあります。

「Akibanana」も、その一つです。しかし、外国人なら理解できるのでしょう?

いったい、何を伝えたいのでしょうか?

テレビなどで、オタクを取り上げた場合、内容よりオタクの人間像に焦点が当てられます。

まるで、新種の動物でも見るかの様に扱われます。

別に、他人に迷惑をかけているわけではありません。

しかし、その行動には、他人の目を釘付けにする力があります。

記事によると、「Akibanana」は、英語圏に向けて、秋葉原のサブカルチャーを発信するサイトらしいです。

実際に、「Akibanana」のサイトを見てみました。

英語なので、何を書いているのかわかりません。

しかし、見ていて、背中がむずむずと気持ち悪い感じが・・・・

私と同じような意見の方も、多いのではないでしょうか?

英語圏などの外国に、情報を発信するより、先に日本人に理解してもらった方がいいのでは?

それとも、日本人では理解できないから、外国なのでしょうか?

外国人向けアキバサイト「Akibanana」-オタク文化を世界に

 ジー・アイ・ジェーン(千代田区岩本町3)は2月14日、外国人向け情報サイト「Akibanana(アキバナナ)」をオープンした。

 「Akibanana」は英語圏に向けて秋葉原のサブカルチャーを発信するサイト。同サイトでは「秋葉原をより多くの外国人に伝えられるように!」「日本のオタク文化をもっと理解してもらえるように!」をテーマに、アニメ、漫画、ゲーム、フィギュア、メイド&アイドル、PCとガジェット、ロボットなど7ジャンルにわたる情報をニュースとして掲載するほか、特集記事やレビュー、記者ブログ、掲示板なども設ける。併せて同社では、同サイトを軸にツアーやタレント事業展開を行い、オンラインとオフラインのシナジー効果を目指すという。PV目標は2年半で3億PVを掲げる。

 同サイトを開設するに至ったきっかけについて、同社社長は「以前から、外国人向け秋葉原ツアーを行っており、ツアーを通して私自身が秋葉原の魅力に引かれて、『秋葉原の面白さを世界の人に知ってもらいたい』と思ったのが始まり」と話している。今後の展開については、「自分がテレビプロデューサーをやっていた経験を生かして、動画へも注力していきたい」とも。

外国人向けアキバサイト「Akibanana」-オタク文化を世界に – アキバ経済新聞


外国人向けアキバサイト「Akibanana」のサイト
http://akibanana.com/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク