大型店舗も安心できない!シャッター閉じて何してるの?

大型店舗のイメージ画像

私の家から少し離れたところに、大きな電気屋があります。

以前は工場だった場所に、その電気屋は出来ました。

行ってみると、道路から近い入り口はシャッターが閉じていました。

閉店したのでしょうか?

それはないと思います。

なぜならば、その電気屋が出来て、そんなに年数が経っていないからです。

それでも、閉店かも?

その会社にとっては、そんなに簡単に閉店できないくらい、建物は大きいです。

もし閉店すれば、かなりの負債で、会社が傾くかもしれません。

私も、この電気屋が出来た時に、すぐに行ってみました。

かなり、大きな建物なので期待しておりました。

その電気屋の1階は、すべて駐車場です。

店舗は、2階からです。

私の感想としましては、店舗の大きさのわりに、商品が充実していないな~

店の端から、端まで歩くと結構な運動になります。

今回は、炊飯器とパソコンの周辺機器に用事がありました。

それらは、店の端にあります。

それも、一番遠い反対側どうしです。

正直なところ、もっと店舗を小さくして、もっと商品を集めてほしいです。

ただ、広いだけの店舗なんて要りません。

そんな、電気屋の入り口のシャッターが閉まっています。

そして、シャッターには、”営業中”と張り紙がしています。

しかし、他の入り口までは、かなり歩かなければいけません。

文句をいいながら、とぼとぼ歩いて、別の入り口へ行きました。

別の入り口につき、シャッターが閉まっていた方をみて見ました。

駐車場の一部分で、工事をしていました。

どうも、一階にも店舗が出来るようです。

そこには、有名なスーパーの名前が書いてありました。

一階は、他の会社に貸して、家賃収入を得るようです。

私は、本業の電気屋を、がんばった方がいいと思います。

そのうち、2階の電気屋の部分も、他の会社に貸すようになるのでは?と心配しています。

そうやって、会社は縮小していきます。

今は、電気屋より、新しく出来るスーパーの方が楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク