ブログ更新の手を止めて、見ちゃいました!それでもボクはやってない

固まったイメージ

前から、見たかった映画です。

ブログを更新しながら、テレビを見ていたのですが、気が付くと手が止まっていました。

周防正行監督 の”それでもボクはやってない”です。

映画の内容は、就職活動中の青年が、朝の満員電車で痴漢に間違えられて逮捕されると言う話です。

派手なアクションや、CGも無く、音楽で盛り上げることなく、内容が面白かったです。

世の中の矛盾など、随所にみられ、青年の気持ちになってみてしまいました。

この映画をみた人に聞きたいのが、あなたならどうしますか?

もし、冤罪でも、罰金ですむなら罪を認めますか?

私は、お金で済ますと思います。

よく、テレビなどで聞くのが、”裁判は真実を明らかにする場所ではない”と言う事です。

あまりにも暴言のようですが、真実のようです。

この映画を見ていて、ふと思い出したのが、沖縄の女子中学生暴行事件です。

被害者の中学生が告訴を取り下げたため、沖縄米兵は不起訴だそうです。

これも、納得いかないのではないでしょうか?

被害者の告訴がなければ起訴できないらしいです。

被害にあって精神的につらい時に、さらに裁判で過去をほじくられ・・・・

何とかならないものでしょうかね?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク