何で、そんなにお金が?選挙費用返せず自己破産、国民新・福田氏債権者が党提訴へ

借用書のイメージ

参院選で、立候補して落選した人が、選挙事務所費などを支払えずに自己破産するとか。

気になったのが、お金・・・ 政治と言えばお金です。

記事によると、支援者や金融機関などから借りた約6100万円と、選挙事務所設置費などの未払い金約800万円ってあります。

おい!何でそんなに、お金がいるの?

政治とお金は、切っても切れないようです。

たびたび、政治がらみのお金の話を聞きます。

選挙には、お金がかかる。

よく聞く言葉です。

これは、アメリカでも同じようです。

いま、大統領選のニュースで持ちきりのようです。

そこで、クリントン氏が借り入れをしたニュースを聞きました。

 クリントン氏は500万ドルの資金を借り入れて選挙戦に投入、スタッフへの給料も減額するなど苦しい台所事情も露呈させ、資金力ではほぼ互角でありながら、資金運用のまずさに対する内部の不満がたまっていたという。

アメリカの選択:大統領選予備選 クリントン選対、火の車 – 毎日jp(毎日新聞)

500万ドル?

えーと、1ドル100円として、500万ドル×100円で5億円

ま~、すごい。

私にも、無返済の条件で貸してほしいです。

どこも、選挙は同じようです。

それにしても、もっとお金をかけずに選挙はできないものでしょうか?

テレビ番組の”たけしのTVタックル”を見ていました。

年金問題で、議員が言い合っています。

与党が悪い、いや、野党だって感じです。

一見、やっているように見えます。

しかし、私から見たら、やっているふりしてるだけって感じがします。

子供のころ、「一生懸命、勉強しろ」と言われました。

そして、「大学に入ったら、なんぼでも遊べるから」

と言われました。

つまり、今苦労すれば、後で楽が出来ると言う意味です。

まさに、政治も、これと同じ状態ではないでしょうか?

選挙の期間だけ苦労して、当選したら、やってるふりするだけ。

中には、「ちゃんとやっている」と言う人もいるでしょう。

しかし、「やってる、やってる」と言って、何も変わっていないような気がします。

議員の数が多いのも、問題ではないでしょうか?

世の中の会社は、リストラで人員を削減しています。

な~んも、働かな議員なら要りません。

少なくすれば、だれが何をしたか、もっとわかりやすくなります。

働いてるふりをしている、議員に掛かるお金も節約できます。

せめて、国から、つまり税金からもらっているお金分くらいは、目に見える働きをしてほしいです。

選挙費用返せず自己破産、国民新・福田氏債権者が党提訴へ

 昨年の参院選群馬選挙区(改選定数1)に国民新党公認で立候補し、落選した福祉ボランティア団体代表の福田晃治氏(43)が、選挙事務所費などを支払えずに自己破産を申し立てることになり、債権者のうち1社が近く、国民新党を相手取り、約450万円の損害賠償を求める訴えを前橋地裁高崎支部に起こすことが3日、わかった。

 福田氏の代理人弁護士によると、福田氏の債務は、選挙費用などとして支援者や金融機関などから借りた約6100万円と、選挙事務所設置費などの未払い金約800万円。先月下旬、前橋地裁に自己破産を申し立てることを決めた。

 提訴するのは、プレハブの選挙事務所を設置してリースした同県高崎市内の機械卸会社。代理人の弁護士は「福田氏の選挙事務所は比例選で党の政策を訴える拠点でもあり、党本部に民法上の使用者責任がある」と主張している。国民新党事務局は「党は法的な契約にかかわっておらず、責任を負う立場にない」としている。

 福田氏は、昨年の参院選で国民新党が選挙区に擁立した公認候補9人の1人。民主党からも推薦を受けたが、自民党候補に敗れた。

選挙費用返せず自己破産、国民新・福田氏債権者が党提訴へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク