いまさら?『PHP』が『Windows Server 2008』に正式対応

PHPのイメージ

遅いわ~ これは、私がこの記事を見たときの感想です。

『Windows Server 2008』に、『PHP』が正式対応されてたそうです。

で、今までは、どうだったの?

私は、Windows Server より、Linux派なので・・・

この記事のPHPとは、プログラミング言語です。

私は、素人なので、ウソを言っているかも知れないので、あらためて”PHP”を調べてみました。

PHP とは

PHP は、オープンソースの汎用スクリプト言語です。 特に、サーバサイドで動作する Web アプリケーションの開発に適しています。 言語構造は簡単で理解しやすく、C 言語の基本構文に多くを拠っています。 手続き型のプログラミングに加え、(完全ではありませんが)オブジェクト指向のプログラミングも行うことができます。

日本 PHP ユーザ会 (Japan PHP Users Group) :: メイン

わかりましたか?

私は、暗号は専門外なので、もう少し調べる事にしました。

PHP

読み方 : ピーエイチピー
フルスペル : PHP : Hypertext Preprocessor
 動的にWebページを生成するWebサーバの拡張機能の一つ。また、そこで使われるスクリプト言語。レイアウトの「雛形」となるHTMLファイル内に、処理内容を記述したスクリプトを埋め込み、処理結果に応じて動的に文書を生成し、送出することができる。正式名称の「PHP: Hypertext Preprocessor」にもあるように、動的に生成されるページの作成に向いている。また、XMLのサポートや各種データベースとの連携に優れている点などから近年普及しつつある。プログラムの表記法はC言語、Java、Perlの各言語から転用したものがベースとなっているが、PHP独自のものもある。言語仕様やプログラムはオープンソースソフトウェアとして無償で入手することができる。

どうも、この分野は、素人の立ち入り禁止のようです。

暗号のような、言葉をならべ、私のような人間を、眠りに誘うようです。

たぶん、プログラムを作る言語で、あまり間違っていないと思います。

なぜ、私がこのように、あやふやかと言うと、過去に言語の定義を見たときに、くどくどと説明を書いている人がいたからです。

もちろん、こんな、くだらね~~ブログまで見ることはないと思います。

しかし、もしですよ、もし、見られたら、

「あいつ、何もしらね~~」

ってなってしまいます。

たしかに、私は何も知りませんよ~~~

私は、趣味でプログラムを作ります。

「あ~、暇だな~、プログラムでも組むか~」

って感じなので、思いっきり素人です。

いまは、プログラムを組むのに、PHPを使います。

過去に、使った言語は、C言語、C++、VB、Perl などがあります。

なぜ、これほどの言語をやったかと言えば、作るプログラムによって得意な言語が違うからです。

私のような、趣味で作っている場合、早く完成が見たいです。

その場合、自分の作りたいプログラムに似た、プログラムをさがします。

そして、そのプログラムを書き換えて完成させます。

実際は、このようにはいきません。

なぜなら、プログラムを公開している人は、かなりのテクニックを持っているからです。

私は、見ても解読できません。

同じプログラムでも、いろいろな書き方があります。

プログラムは、わかりやすく、短い方がいいとされています。

私のように、素人がプログラムを組むと、わかりにくく、やたら長くなります。

このような人間は、他人にプログラムを見られるのがイヤになります。

だって、素人だと言う事が、ばれちゃうも~~~ん。

さて、PHPですが、これはWeb関係で使われる事が多い言語です。

Web関係とは、掲示板や、ネットショップのショッピングカートなどです。

おっと!、忘れていました。

このブログも、PHPのプログラムで作られています。

また、プログラムの世界にも、流行があります。

以前は、JAVAと言う言語が話題になりました。

今は、どうなったのでしょうか?

私は、PHPの前は、Perlと言う言語を使っていました。

これも、PHPと同じような目的で使われます。

しかし、なぜ、私がPHPに変えてかと言うと、MySQLとの相性が良いみたいだったからです。

Mysplとは、データベースです。

データベースとは、読んでそのごとく、データを入れておくところです。

たとえば、このブログで言うと、今読んでいる文字を、MySOLのデータベースに入れています。

誰かが、私のブログにアクセスするたびに、PHPのプログラムがMysqlのデータを呼び出して、画面を表示させています。

PHPとは、私にとって、今では当たり前の言語でした。

それが、”Windows Server” では、『Windows Server 2008』で正式対応の発表だったので、驚いてしまいました。

なぜ、今まで、PHPが正式対応されなかったのでしょうか?

また、マイクロソフトがよからぬ事を考えていて、対応が遅くなったのでしょうか?

『PHP』が『Windows Server 2008』に正式対応

過去十年間を振り返ると、サーバーで『PHP』を運用するということは、『Linux』OS 上での運用を意味していた。しかしそれは変わった。商業 PHP ベンダー大手 Zend Technologies と Microsoft の複数年に及ぶ提携の結果、PHP は Microsoft の新しいサーバー OS『Windows Server 2008』に対応する第一級のスクリプト言語となった。

今回 PHP の認定ディストリビューション『Zend Core』は、Windows Server 2008 に正式対応となった。これは Zend と Microsoft が複数年にわたり、Windows プラットフォーム上での PHP 運用性向上のために協力してきた結果だ。

Zend の最高技術責任者 (CTO) Andi Gutmans 氏は取材に対し、次のように語った。「われわれが得ている指標では、Linux と拮抗している。つまり PHP の素晴らしい性能を Windows でも得られる。われわれが Windows Server 2008 に正式対応した初めてのオープンソース言語だと私は強く確信している」

Gutmans 氏は、Zend と Microsoft の協力的な開発作業が滞りなく進んだことに、大きな満足感を示した。PHP を Windows 上で運用するため、技術的に非常に重要な点は、Microsoft の Web サーバー『Internet Information Services』(IIS) を PHP 利用に最適化することにある。具体的には、PHP と IIS を繋ぐインターフェースとして機能するコンポーネント『FastCGI for IIS』の最適化だ。Linux 環境では、PHP を LAMP (『Linux』『Apache』『MySQL』『PHP』) スタックの一部として、オープンソースの Web サーバー Apache 上で用いることが多い。Apache は Windows 上でも動作するが、Windows Server 2008 の標準設定では IIS を用いる形になっている。

「Windows 上の FastCGI で良好な性能を得ている」と Gutmans 氏は語った。

FastCGI は、PHP 処理の応答時間を迅速化する上で IIS に必要不可欠なコンポーネントだ。Zend は以前、Windows Server 用の自社版 FastCGI 機能を開発していたが、Microsoft と協力して開発した FastCGI 実装の方が優れていることを Gutmans 氏は認めている。

japan.internet.com Webテクノロジー – 『PHP』が『Windows Server 2008』に正式対応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク