部屋中、猫まんま!この寒い中、窓全開にしてます。

猫まんまのイメージ

私は、レトルト食品などを、ダンボール箱に入れて、部屋の隅に置いています。

しかし、部屋が狭いため、箱の中が見にくい位置に置いています。

おなかが空いたので、何か無いかと思い、箱の中に手を入れて、ごそごそと探しました。

すると、何か感触が・・・

箱から、手を抜くと、手につかんでいるものは、だしパックでした。

お味噌汁などを作る時に、最初に入れるやつです。

1回分が、紙パックで包まれています。

これは、もらい物です。

味噌汁など、自分で作ることが無いために、そのままに置いていました。

存在すら、忘れていました。

賞味期限を見てみると、07.3.1となっています。

約1年前です。

しかし、私は食べ物を捨てる事が出来ません。

だしなので、大丈夫だろうと思い、炊飯器に入れてお米と一緒に炊いてみました。

もちろん、不安はありました。

だしを包んでいる、紙が破れないかです。

「ま~、何とかなるだろう?」

そのまま、炊く事にしました。

スイッチをいれて、テレビを見ていました。

すると、猫まんまのにおいが・・・

だんだん、そのにおいが強くなってきます。

もちろん、そのにおいの元は炊飯器です。

炊飯器を見ると、蒸気が勢いよく出ています。

かなりにおいます。

部屋中に、においが付くのがいやなので、窓を開けることにしました。

外は寒いです。

冷たい冷気が部屋の中に・・・

私は、布団に包まって、ご飯が炊けるのを待ちました。

さて、苦労のうえ、ご飯が炊けました。

味はどうでしょうか?

普段のご飯と変わりませんでした。

これと言った、違いはわかりませんでした。

まだ、だしパックは残っています。

今、次のチャレンジを考えています。

さ~、今日は、どうするべ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク