久しぶり!“本家”マッスルに諸星和己が参戦! 封印中のローラースケートをついに解禁

光GENJIのイメージ

おっ!久しぶり~♪あんた、どないしとったん?

まるで、昔の友達に会うような気持ちです。

光GENJIの“カーくん”だよ!

ところで、光GENJIって知ってますか?

光GENJI ひかるげんじ

一世を風靡したスーパーアイドルグループでジャニーズ事務所所属。
1987年にキャッチフレーズ「超新星からのメッセージ」を引っ提げデビュー。
ローラースケートに乗って歌う斬新なパフォーマンスで一躍ブームになり、日本レコード大賞も受賞。今日のジャニーズ人気を確立させたと言っても過言ではない。

解散から10年以上が経過した現在もなお根強いファンが多い。

光GENJIとは – はてなダイアリー

今で言えば、SMAPみたいなものでしょうか?

しかし、SMAPとは、比べものにならないくらいの人気だったと思います。

そして、アイドルが、アイドルらしかった最後かも知れません。

今のアイドルは、そこらにいる”ニーチャン”って感じですが、あの頃は明らかに違いました。

ステージの衣装も、非現実の、良いように言えば夢のある感じでした。

その、光GENJIのなかで、諸星和己は特に人気があったと思います。

昔は、にやけた嫌なかんじ~って思っていました。

しかし、この記事の写真を見ると、昔と変わっていない笑顔です。

今、思えば、これがアイドルの顔かもしれません。

アイドルは、手の届かない夢の世界

もう、これは、過去のことなんでしょうね~

なんだか、さみしいです。

“本家”マッスルに諸星和己が参戦! 封印中のローラースケートをついに解禁

 タレントの諸星和己が6日(木)、東京・渋谷のマッスルシアターで行われた『マッスルミュージカルGW公演 Voyage~旅立ち~』の制作記者会見に出席。これまで頑なにローラースケートを履くことを拒んできた諸星だったが、この日は、光GENJI時代の“カーくん”を彷彿とさせる華麗なスケーティングを披露。分裂騒動に揺れる『マッスル~』への本格参戦に向け「僕のスケーティングでパッションとパワーを与えたい」と、“本家”の救世主として堂々と意気込みを語った。

 『マッスル~』は己の肉体を楽器に変え、体全体のあらゆる筋肉を叩きつけ音を奏でる壮絶なパフォーマンスが話題の人気ミュージカル。コシノジュンコがデザインを手掛けた巨大フレアスカートを身に付けた諸星は、お得意のローラースケートで舞台上を縦横無尽に駆け抜け、「この格好でモンスターボックス(巨大跳び箱)も飛ぶ予定です。10段は飛びますよ」と初出演となる同公演に自信をみなぎらせた。

 現在37歳の諸星だが、まだまだ体のキレは“ガラスの十代”のままだ。「本格的に(ローラースケートを)履いたのは(光GENJIの)解散以来だから12、3年ぶりかな。今までは履くことに抵抗があったんだけど、NYで子供たちに教えたときに考え方が変わった」と心境の変化を明かし、「自分の持ってる財産は隠す必要はないんだなって…僕のスケーティングでパッションとパワーを与えたいですね」と瞳を輝かせた。

 先日、方向性の違いなどから、初演から舞台演出を手掛けていた中村龍史氏率いる新団体『中村JAPAN ドラマティックカンパニー』が旗揚げされるなど、“分裂劇”に見舞われていた『マッスル~』だったが、諸星の参戦で“新生マッスル”として新たな一歩を踏み出す。

 『マッスルミュージカルGW公演 Voyage~旅立ち~』は4月29日(火)~6月8日(日)まで、東京・渋谷のマッスルシアターで公演される。

“本家”マッスルに諸星和己が参戦! 封印中のローラースケートをついに解禁(オリコン) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク