もったいな!燃えるピアノから流れるジャズ、弾くは世界の山下洋輔さん

消火器のイメージ

あんた、そこまでしてピアノ弾かんでもいいんちゃうの?

山下洋輔さんが、消防士の服装で燃え上がるピアノを演奏したそうです。

演奏できる、ピアノを燃やさんでもいいやん!

これが、芸術ですか?

さて、この記事には、世界の山下洋輔さんとなっています。

しかし、私の世界は、大阪の極一部なので知りません。

あんた、だれ?

と言う事で、調べてみました。

最初に見つかったのが、山下洋輔さんのホームページです。

そこのプロフィールです。

1969年、山下洋輔トリオを結成、フリー・フォームのエネルギッシュな演奏でジャズ界に大きな衝撃を与える。内外の一流ジャズ・アーティストとはもとより、和太鼓やオーケストラとの共演など活動の幅を広げる。
88年山下洋輔ニューヨーク・トリオを結成。国内のみならず世界各国で演奏活動を展開する。
99年芸術選奨文部大臣賞(大衆芸能部門)、03年には紫綬褒章受章。
2000年に発表したピアノ協奏曲「即興演奏家の為のエンカウンター」を、佐渡裕の指揮により04年にイタリア・トリノで、05年にはNHK交響楽団と再演した。
06年2月ニューヨーク・トリオのCD『ミスティック・レイヤー』リリース。3月オーネット・コールマンと共演。7月ビッグバンドを特別編成した「山下洋輔プレイズ・ニューヨーク」を開催、ライブDVD『ラプソディ・イン・ブルー』を11月にリリース。07年2月には、セシル・テイラーとデュオ・コンサートを開催、大成功を収める。
国立音楽大学招聘教授、名古屋芸術大学客員教授。多数の著書を持つエッセイストとしても知られる。

YYOWS-profile

いまいち、よくわかりません。

もうちょっと調べる事にしました。

山下 洋輔(やました ようすけ、1942年2月26日 – )は日本のジャズピアニスト、作曲家、作家、大学教員。東京都生まれ。麻布高校卒、国立音楽大学作曲科卒。ひじで鍵盤を鳴らす独自の奏法を交えながらピアノを弾くことが有名。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

お~、”ひじで鍵盤を鳴らす独自の奏法”この部分が、気に入りました。

よ~し、この人の演奏を聞いてみましょう。

Yosuke Yamashita (山下洋輔) / Greensleeves

う~ん、お子ちゃまの私には、わかりません。

ちょっと、重々しそうな感じがします。

ブログを更新しながら聞くには、疲れるような・・・

とりあえず、山下洋輔さんの名前は憶えときます。

燃えるピアノから流れるジャズ、弾くは世界の山下洋輔さん

燃え上がるピアノを演奏
消防士の服装で燃え上がるピアノを演奏する山下洋輔さん(石川県志賀町の能登リゾートエリア増穂浦で)

 世界的なジャズピアニストの山下洋輔さんが8日、石川県志賀町の海岸で、古くなったピアノへの感謝と供養の思いを込め、激しく燃えるグランドピアノを演奏した。

 この表現活動は、金沢21世紀美術館(金沢市)の主催。山下さんは、1973年にも同様の演奏をしたことがあり、その表現の意味を確かめたいと再演した。

 海岸では、僧侶による読経の後、夕暮れが迫るころピアノに点火。消防士のヘルメットに防火服姿の山下さんは炎上し、少しずつ音が出なくなる中、約5分間にわたって弾き続けた。演奏後、山下さんは「一期一会の気持ちで、最後の音が消えうせるまで闘い続けた」と語った。

燃えるピアノから流れるジャズ、弾くは世界の山下洋輔さん : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク