何を勉強してるの?交際の女と痴漢被害でっち上げ…虚偽告訴容疑で大学生逮捕

有罪

今までなら、気にもかけなかったニュースだと思います。

大学生が、交際中の女性と共謀して、痴漢をでっち上げて、示談金を取ろうとしたニュースです。

ひどい話です。

なぜ、このニュースが気になったかといえば、とても単純です。

映画の”それでもボクはやってない”を見たからです。

これは、痴漢冤罪をテーマにした映画です。

一番気になるのが、被害をでっち上げられた男性です。

記事によると、約22時間後、男性を釈放されたそうです。

22時間も・・・いったい、どのような状況だったんでしょうか?

映画のように、無実なのに、自白させられたのでしょうか?

この記事を読んでいる時に、ちょうどテレビでこの事件について報道されていました。

男性は、ポケットに手を入れていた事がわかった、みたいな報道がされていました。

しかし、それ以上詳しくは報道されませんでした。

この男性にとっては、たいへんな問題だと思います。

男性は、58歳の会社員だそうですが、場合によったら会社を解雇されるおそれもあるかもしれません。

どのような、アフターフォローがされたか気になりました。

交際の女と痴漢被害でっち上げ…虚偽告訴容疑で大学生逮捕

 地下鉄の車内でうその痴漢被害を申告したとして、大阪府警阿倍野署は11日、京都市山科区北花山寺内町、甲南大法学部4年、蒔田文幸容疑者(24)を虚偽告訴の疑いで逮捕した。

 調べに対し、蒔田容疑者は「当番弁護士を呼んでほしい」と話しているという。

 調べによると、蒔田容疑者は当時交際していた奈良市の無職女性(31)と共謀。2月1日午後8時半ごろ、大阪市営地下鉄御堂筋線の動物園前―天王寺駅間の電車内で、堺市の男性会社員(58)が女性の尻を触ったとのうその申告をした疑い。

 蒔田容疑者は女性を知らないように装っていた。

 男性は蒔田容疑者らに天王寺駅の駅長室で同署員に引き渡され、府迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕されたが、否認。同署は3人の供述や証言が食い違うなどしたため、約22時間後、男性を釈放した。

 同7日夜、女性が同署に「金に困っていた蒔田容疑者から持ちかけられ、男性から示談金をもらうために2人で被害をでっち上げた。自分から男性に近づいた」と自首した。同署は女性を虚偽告訴容疑で書類送検する方針。

交際の女と痴漢被害でっち上げ…虚偽告訴容疑で大学生逮捕 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク