見る価値なし!滝クリをネタにした元日テレアナの面白本

”滝クリ”のタイトルにひかれて、記事を見てしまいました。

記事を読んでみると、本の宣伝でしょうか?

ちょっと読むだけで、この本が実にくだらなく、読む価値が無いのがわかります。

まず、作者は小倉淳だが、しらね~

だから、滝川クリステルをタイトルに使ったのでしょう。

本人の名前では、誰も興味持たないからではないでしょうか?

内容も、他力本願のようです。

”みのもんた、古舘伊知郎といったキャスターを分析”が本の内容らしい。

また、古舘を「計算された沈黙」が特徴と表現しているみたいです。

あの、古舘伊知郎のどこが、計算しているのだ?

ニュースなのに、意味のわからない事を、だらだらとしゃべりやがって・・・

これだけでも、この本がくだらなく、読む価値が無いのがわかります。

滝クリをネタにした元日テレアナの面白本 (ゲンダイネット)

 本のタイトルが刺激的だ。「やっぱり滝川クリステルは斜め45度がいいのだ!」(講談社)。

 表紙に「バカボン」のパパが登場し、究極の妙なコラボといった印象だが、これを書いたのが日本テレビの元アナウンサー、小倉淳(49)というのも、また風変わりといえるだろう。

 この本は滝クリの見方を突破口にして、みのもんた、古舘伊知郎といったキャスターを分析。小倉淳流のテレビの見方をしている。たとえば、みのは「タメとじらし」で視聴者をひきつけ、古舘は「計算された沈黙」が特徴だという。

 スポーツ中継のウンチク、古巣の日テレの話なども興味深い。

 ちなみに、小倉は日テレのバラエティー番組の“顔”だった人物。06年に退社し、現在はニッポン放送「小倉淳の早起きGood Day!」を担当している。4月からは江戸川大学で准教授として教壇に立つ。

滝クリをネタにした元日テレアナの面白本 – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク