ふーん!中国、インターネット人口で米国を抜き世界第1位に

同じ情報で、巨万の富を築く人もいれば、そうでない人もいます。

私は、たぶん後者でしょう。

中国が、インターネット人口で米国を抜き、世界第1位になったそうです。

「ふ~ん」

「ま~、中国人って多いからな~」

これが私の感想です。

ま~、私は中国語もできないし、インターネットの知識があるわけでもありません。

もちろんお金もありません。

こんな私では、こんな情報も、雑学の一つでしかありません。

中国、インターネット人口で米国を抜き世界第1位に

 北京に拠点を置く調査会社BDAは現地時間3月13日、インターネットのユーザー数で中国が米国を追い抜き、世界最大のインターネット市場になったと発表した。BDAの推定は、中国のインターネット利用者は2007年末で2億1000万人に達したと発表したChina Internet Network Information Centerのデータをベースにしている。BDAによると、Nielsen/NetRatingsは、米国のウェブ人口を2007年末で2億1600万人としていたという。

 「これらの情報と、これらの市場が2008年に入っても2007年と同じ増加率で成長しているという仮定に基づくと、中国はいま現在、米国を追い越し世界最大のインターネット人口を誇る国になったと判断した」とアナリストのBin Liu氏は声明で述べている。BDAは、次に中国でブームになる市場は電子商取引分野だと見ていると付け加えた。コンシューマーのマスマーケットがオンラインにあることを企業が活用すると思われるためだ。

中国、インターネット人口で米国を抜き世界第1位に:ニュース – CNET Japan

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク