理解できん!2月の米ゲーム機・ゲームソフト売上高、前年比34%増=調査会社

私が子供のころ、ゲームといえば子供のおもちゃでした。

だから、少し大きくなり、ゲームばかりしていると、子供みたいと馬鹿にされたように思います。

それが今では、えらそうにニュースで、売上高がどうしたと扱われています。

改めて、時代の流れを感じます。

そんな事を、ふと、このニュースを見て思いました。

2月の米ゲーム機・ゲームソフト売上高、前年比34%増=調査会社

米市場調査会社NPDが発表したデータによると、2月の米国内の家庭用ゲーム機とゲームソフトの売上高は前年同月比34%増の13億3000万ドルだった。ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)の「プレイステーション(PS)3」の販売台数が、2カ月連続でマイクロソフト(MSFT.O: 株価, 企業情報, レポート)の「Xbox360」を上回った。

順位では任天堂(7974.OS: 株価, ニュース, レポート)の「Wii(ウィー)」販売台数が依然トップの43万2000台、PS3は28万1000台、「Xbox360」は25万5000台だった。

単体のゲーム機向けソフトとしては、アクティビジョン(ATVI.O: 株価, 企業情報, レポート)の「Xbox360」向け「コール・オブ・デューティー4」が最高で、販売本数は29万6000本だった。

2月の米ゲーム機・ゲームソフト売上高、前年比34%増=調査会社 | エンタテインメント | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク