ネットショップするならEC-CUBEがおすすめだよ!xreaにインストールしてみました

私は、XREAのサーバーを使っています。

もちろん、ドメインもここで取りました。

VALUE DOMAIN:バリュードメイン

今は、このブログだけなので、かなり容量があまっています。

そこで、前から試してみたいものがありました。

ネットショップのソフトのEC-CUBEです。

私が興味を持った一番の理由は、無料だからです。

EC-CUBE‐日本発の「ECオープンソース」

以前、仕事でネットショップをしていた事があります。

そのときは、osCommerceを使っていました。

osCommerce サポート・ドキュメント – ECサイト構築システム

これも、それなりに良かったです。

しかし、外国で作られたソフトのため、ネットショップのデザインが気に入らないところがありました。

そこで、プログラムをいじって、デザインを変更しました。

何度も、テストして確認しながらプログラムをいじったのですが、思わぬところでバグ出てきて、かなり苦労しました。

しかし、今回のEC-CUBEは、日本で開発されただけあって、日本人好みに出来ていると思います。

何のこっちゃ?と思うかもしれません。

実は、外国と日本では、デザインの流行が違うのです。

今は、ネットの仕事をしていないので、最近の傾向はわかりません。

しかし、私がやっていた頃は、明らかに違いがありました。

まず、外国のデザインだと、グラデーションが使われた画像がよく使われていました。

しかし、日本では、一色ベタ塗りの画像がこのまれていたように思いました。

もうちょっと、詳しく書こうと思ったのですが、過去のことですし、私はEC-CUBEについて言いたいので、このデザインの違いは、次回にしたいと思います。

ところで、私は、EC-CUBEをXREAのサーバーに入れました。

インストールの仕方は、こちらのページ書いてありました。

xreaへのインストール方法

インストールしてみて、いろいろいじってみたのですが、かゆい所に手が届くつくりをしていました。

もちろん、問題が無いわけではありません。

一番気になったのは、Xreaのサーバー特有の問題です。

サイトTOPをhttp、ショッピング部分をhttpsといった利用方法は不可能と言う事です。

これは、ちと痛いです。

私が昔、ネットショップをやっているときに、osCommerceのソフトで、対策は無いか、いろいろ試して見ました。

結果は、無理でした。

httpとhttpsでは、別サーバーみたいな扱いで、データのやり取りが出来ませんでした。

引数をつけてのやり取りでは出来たのですが、アドレスの後に、引数がみえるためにセキュリティー的な問題がありました。

また、先ほどのXREAへのインストールの解説のページの最後の方の、

その他の注意点

.htaccessにセキュリティのための設定

このままだとデータベースのパスワードが丸見えになってしまうので、下記を.htaccessに設定します。

がよくわかりませんでした。

言いたい事はわかるのですが、データベースのパスワードがどこに記録されているのかわからないので、どこに.htaccessを設定するのかがわかりませんでした。

トップの.htaccessに記載するのでしょうか?

パスワードの記録位置がわからないので、テストする意味が無いので、試していません。

ところで、ここで終わってもいいのですが、今回のインストールは、ちょこっとだけ違う事をしました。

それは、私はサブドメインを使ってインストールしました。

このために、ちょこっとだけ、手間取りました。

私の持っているドメインは、komame.jp です。

このブログは、サブドメインをつけて、kininaru.komame.jp にしています。

そして、EC-CUBE のインストールは、shop.komame.jpにしました。

ファイルのパスの設定のところで迷ったので、備忘記録として残しておきます。

まず、サブドメインをつけた、アドレスを使えるように準備します。

ここのところは、面倒なので省略します。

でも、ちょこっとだけ、やり方を書いておきます。

1.VALUE-DOMAIN.COMからログイン

2.”サーバーアカウントの登録・管理・購入”のところをクリック

3.”変更できるサーバーアカウント”の”ウェブ”をクリック

4.”入室”をクリック

5.ここで、Sub1~14のどっかの、 ドメイン名 ? の欄に使いたいサブドメインを入れます。

私は、shop を komame.jpの前に付けたいので、ここに shop.komame.jp と入れました。

6.”ドメイン設定”のボタンを押す。

そして、ラーメンが出来るくらいの時間待っていると、サーバーの『public_html』の中に、shop.komame.jpのフォルダが出来ます。

しかし、私は、ラーメンも時間前に食べる方です。

そんな方は、自分で shop.komame.jp のフォルダを作って、『public_html』の中に入れてください。

念のために言っておきますが、これは私が、komame.jp のドメインを持っているから、shop.komame.jp で説明しているのであって、もしこれを見て真似する場合は、komame.jp の部分は自分のドメインにしてください。

あ~、それから、このshop.komame.jp の中に、index.html のファイルを入れたとします。

すると、ここには、http://shop.komame.jp/ でアクセスできます。

EC-CUBE 以外のときでも、XREAならサブドメインをつけて、ホームページなどが作れます。

このブログも、このやり方をしています。

次に、インストールです。

まず、EC-CUBE をダウンロードします。

EC-CUBE‐EC-CUBEダウンロード

EC-CUBE は、1と2があります。

たぶん、EC-CUBE 2の方が良いのではないでしょうか?

よくわかりませんが・・・

で、私は、別に商売をするわけではないので、EC-CUBE2β版をインストールしました。

そして、解凍します。

途中までは、説明どうりやりました。

xreaへのインストール方法

さっき、上で載せたリンク先と同じです。

上のリンクをクリックしてください。

ここからは、リンク先とともに説明しています。

”02_EC-CUBEサイトから最新ファイルをダウンロード”は飛ばして、次をやります。

”03_.htaccessの修正” の所をする。

”04_php.iniをすべてのフォルダの下におく” ここもやりました。

” 05_URLにアクセスしてインストール開始” をやる前に、先ほどの ”02_EC-CUBEサイトから最新ファイルをダウンロード”をします。

なぜ、ここを先ほど飛ばしたかと言うと、フォルダの置く位置によってここが違うからです。

あくまでも、私のフォルダの置き方の場合の、指定の仕方です。

EC-CUBEをダウンロードして、解凍すると、上記の説明の通り、”data” と ”html” が出てきたと思います。

また、説明の通りにやったら、html のフォルダは xrea に名前を変更していると思います。

そして、パスの書き換えをします。

xrea のフォルダの define.php を開いて


/** HTMLディレクトリからのDATAディレクトリの相対パス */
define("HTML2DATA_DIR", "/../../data/");

/** DATA ディレクトリから HTML ディレクトリの相対パス */
define(“DATA_DIR2HTML”, “/../../public_html/”);

に変更しました。

html は public_html に変更しました。

もしかしたら、この指定方法は間違っているかも知れません。

しかし、これを指定すると、エラーが出ませんでした。

さて、次は、ファイルをアップロードします。

私は、FFFTPのソフトを使いました。

これは、本当に面倒なので、説明は省きます。

今から説明するように、ファイルをアップロードするから、先ほどのパスになります。

もし、ファイルの位置が違う場合は、上記のパスの指定は変わります。

まず、xrea のフォルダの中身を、サブドメインのフォルダに入れます。

私の場合は、public_html の中に、shop.komame.jp と言うフォルダがあります。

フォルダ名には、ちゃんと.jpまでフォルダ名として付いています。念のために確認

その中に、xrea のフォルダの中身を入れます。xrea のフォルダは入れません。

次に、data フォルダすべてを、ルートに置きました。

つまり、public_html と同じ位置です。

ここに置いた方が、安全かな~と思っておきました。

ここの位置にあるファイルは、ネットからアクセスできません。

それに、フォルダの中にsmartyがあったからです。

以前、smarty を使ってプログラムを組んだ時に、テンプレートフォルダを public_html より上に置かなければ、ちゃんと動かなかった事があるからです。

後は、インストールするだけです。

やり方は、私の場合http://shop.komame.jp/install/ にアクセスしました。

http://ドメイン名/install/ にアクセスしてください。

私は、データーベースのところで、エラーが出ました。

しかし、再度やり直すと、うまくいきました。

だいたい、こんな感じでインストールできました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク