あの店に言っとくれ!揚げる前に水に浸すことでジャガイモの発癌(がん)物質を軽減 

ジャガイモってポテトのことじゃろ?

ポテトといえば、あの店のセットで買うと、ハンバーガーについてくるのを想像します。

それ以外だと、マッシュポテトですか?

あれって、ゆでて、ぐちゅぐちゅと、つぶすんでしたっけ?

私は、料理をしないので、間違っているかも?

ま~、普段、ポテトなんてたべないし~

あ~~~、あの会社にも言っとくれ!

ポテチ、ポテトチップスだよ~

わたしゃ、すっかり忘れていたよ。

この記事は、ジャガイモを揚げる前に水に浸すことにより、発癌(がん)物質として疑われているアクリルアミド(acrylamide)の形成を抑えられるそうです。

フライドポテトも、ポテトチップスも、自分で作ろうと思えば作れますが、やはり、買ったほうがおいしいです。

だから、メーカーが、これを読んでやってくれることを期待します。

しかし、さらに記事によると、”キツネ色になるまでしっかり揚げた場合にも同様の効果があるか否かは不明。”だそうです。

あんた、ハンバーガー屋に行って、ポテトはミディアムでなんて注文できないよ。

そんなことしたら、スマイルで追い返されるよ。

ま~、餃子の事件もあったし~、自分の食べるものは、自分で材料を買って作れって事かも?

企業も、利益も大切かも知れないけど、お客の健康も考えて、商品を販売してほしいものだよ。

あんた、自分の会社の利益ばかり考えていると、いつか、会社つぶれるよ。

揚げる前に水に浸すことでジャガイモの発癌(がん)物質を軽減

ジャガイモを揚げる前に水に浸すことにより、発癌(がん)物質として疑われているアクリルアミド(acrylamide)の形成を抑えられることが、英国の研究で明らかになった。研究者らは、アクリルアミド形成を著しく減少させることで、健康リスクも低減するとしている。

アクリルアミドは、でんぷんを多く含む食品を揚げる、蒸す、焼く、あぶるなど、高温で調理した際に形成される。さまざまな食品に含まれており、健康に悪影響を与え、動物で癌を発生させることを示唆する研究もある。

研究では、揚げる前にジャガイモを洗う、30分間水に浸す、2時間水に浸すの3種類のアプローチが試みられ、それぞれ、アクリルアミドのレベルが23%、38%、48%低減することが明らかになった。ただし、これは軽く揚げた場合の結果であり、キツネ色になるまでしっかり揚げた場合にも同様の効果があるか否かは不明。

研究リーダーで、Leatherhead Food International(Leatherhead、食品や市場の情報、技術や食品研究に関するサービスなどの提供社)のRachel Burch氏は「食品業界内では、生産段階でアクリルアミドを削減させる研究が多くされているが、家庭での研究は少なく、われわれはホームクッキンでのアクリルアミドを軽減させる方法の検討を試みた」と述べている。研究結果は、科学誌「Journal of the Science of Food and Agriculture」オンライン版3月6日に掲載された。

揚げる前に水に浸すことでジャガイモの発癌(がん)物質を軽減 ニュース – Yahoo!ヘルスケア

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク