だから?ブーメラン、宇宙でも戻った!=土井さん、自ら投げて実証

国際宇宙ステーション(ISS)滞在中の宇宙飛行士って言うのかな?土井隆雄さんが、ブーメランを投げ、無重力空間でも手元に戻ってくることを確認したそうです。

ふ~ん、だから?

ところで、土井隆雄さんは、税金で宇宙に行っているのでしょ?

以前、情報バラエティー番組で、芸能人が無重力での実験をしていました。

見ていて、

「ふ~ん、おもしろ~い」

って感想です。

民放は、税金ではありません。

だから、別に、何をしようが文句はありません。

ま~、そう言っても、くだらない番組には文句を言っていますが・・・

ところが、宇宙事業は違います。

確かに、地球でも出来ない実験もあると思います。

はたして、今、宇宙にそれだけのお金をかける価値があるでしょうか?

以前は、地球で出来なかった実験もかなり、今では地球で出来るようになったそうです。

また、今のスペースシャトルも、数年後には廃止されるようです。

日本は、まだ、自力で宇宙に行く技術をもっていません。

スペースシャトルが廃止されると、さらに費用がかかるようなことを言っていました。

私の子供のころの未来は、宇宙での生活も想像されていたように感じます。

まるで、ガンダムの世界に出てくるような、コロニーを想像していました。

また、宇宙に希望があるようにも・・・

今、思えば、米ソの争いの軍事目的だったように思います。

今は、時代も変わりました。

世界では、人口問題があるようです。

日本などは、将来、逆に人口が減るようです。

その上、お年寄りばかりになります。

そんな状態で、むか~しに計画されたものに、お金(税金)を使う余裕などあるのでしょうか?

今、ニュースで、道路問題について語られています。

政府は、過去の計画を続行するため、理屈をこねて進めようとします。

もちろん、宮崎県のように、本当に必要な道路もあるようです。

しかし、一番の問題は、一度計画した事を、再検証することなく実行しようとすることではないでしょうか?

ふと、このニュースを見て、関係ないことを考えてしましました。

ま~、素人がつべこべ言ってもしょうがありません。

これも、将来に対する投資として、あたたかい目で見守りますか~

ブーメラン、宇宙でも戻った!=土井さん、自ら投げて実証

 【ヒューストン(米テキサス州)19日時事】国際宇宙ステーション(ISS)滞在中の土井隆雄さん(53)は19日夕(日本時間20日朝)、福田康夫首相らとの交信で、日本から持参した紙製のブーメランを基地内で投げる実験を行ったことを明らかにした。
 宇宙航空研究開発機構によると、土井さんは飛行8日目の休息時間に、米国実験棟「デスティニー」の中でブーメランを投げ、無重力空間でも手元に戻ってくることを確認したという。 

ブーメラン、宇宙でも戻った!=土井さん、自ら投げて実証(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク