これも流行るの?中国北部でひどい砂嵐、通行人は苦肉の策

あんた、銀行強盗?

そんな、格好です。

記事は、中国で、砂嵐とほこりが多い天候のために、顔をベールの覆っていると言う内容です。
(画像は、下の元記事のところにあります。)

記事には、ベールってなっています。

しかし、私にはパンストをかぶっているようにしか見えません。

ま~、変ですけど、いいアイデアかもしれません。

私は、今のところ、銀行強盗をしたことがないので、パンストをかぶった事がありません。

だから、パンストをかぶった感想がわかりません。

かぶっても、苦しくないのでしょうか?

画像の人は、笑顔にも見えます。

なんだか、満面の笑みを浮かべているように見えます。

しかし、さすがに、これで銀行に行けば騒がれるでしょう?

私は、花粉症です。

今でこそ、マスクをしていますが、それも最近の事です。

昔は、マスクをする事が出来ませんでした。

もし、マスクをしていると、

「かぜ?」

と、会う人ごとに言われるからです。

それに、冬以外に、マスクをするのは銀行強盗ぐらいでした。

しかし、今は、花粉症が認知されたので、気軽にマスクが出来ます。

花粉症が、認知されて、マスクが手軽になりましたが、さすがに銀行に行く時は、躊躇しました。

なぜなら、私は、目が悪くて、めがねをしていたからです。

そのメガネも、ちょっと時代遅れの、フレームが大きいタイプでした。

マスクと、そのメガネをかけると、完全に顔が隠れます。

これで、拳銃があれば、いつでも大金が手に入ります。

そんな心配も、今では、過去の事です。

今では、そんな格好でも、躊躇せずに銀行に入れます。

これも、みんなが同じような格好をしているからです。

もし、中国でも、このような格好が普通になれば、みんなこの格好で、銀行に行くかも知れませんね。

そのうち、本当に、銀行強盗がでたりして?

そして、毎年の風物詩になるかも。

あ~、今年も、砂嵐か~

銀行強盗がふえるぞ~

って具合には、なってほしくないものです。

中国北部でひどい砂嵐、通行人は苦肉の策

通行人の苦肉の策
通行人の苦肉の策

 新華社の報道によると、中国では18日、北部の一部地域で砂嵐とほこりが多い天候となった。このため吉林省長春では、顔をベールですっぽりと覆って歩く通行人の姿などが見られた。

中国北部でひどい砂嵐、通行人は苦肉の策 | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク