どんな車?世界最優秀車賞にマツダの「デミオ」

2008年の「世界カー・オブ・ザ・イヤー」は、マツダの「デミオ」だそうです。

「へ~、これって審査してんだ~」

私の感想です。

去年は、トヨタ自動車の「レクサスLS460」だそうです。

私は、このような、賞とは八百長だと思っていました。

つまり、金で賞を買うものだと思っていました。

なぜなら、いつも大きな会社が受賞しているように記憶していたからです。

車の企業は、いろいろなところが合併したり、どこかの子会社だったりしています。

たくさん会社はあるように見えて、おおもとの会社は、結構少ないのではないでしょうか?

私は、車には詳しくありません。

そんなことだから、車のCMを見ていて、

「~賞受賞」

などと、宣伝していると、

「ケッ!どうせ金で買っているのだろ~」

そのように思っていました。

ところで、実際はどうなのでしょう?

「去年は、私の会社だったので、今年はあなたの会社」

ってなっていたりして?

最近、偽装事件が多発しています。

ついつい、疑ってしまいます。

マツダの小型車「マツダ2(日本名デミオ)」
マツダの小型車「マツダ2(日本名デミオ)」

世界最優秀車賞にマツダの「デミオ」

世界の自動車ジャーナリストが選ぶ2008年の「世界カー・オブ・ザ・イヤー」が20日、ニューヨーク国際自動車ショーの会場で発表され、マツダの小型車「マツダ2(日本名デミオ)」が選ばれた。同賞は今年が4回目で、日本車が受賞するのは昨年のトヨタ自動車の「レクサスLS460」に次いで2年連続2回目。
 選考委員会は授賞理由について「非常に魅力的な外観と価格に対する標準装備の水準の高さ」を評価したと説明している。 

世界最優秀車賞にマツダの「デミオ」(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク