見にくい?Microsoft MS ゴシックおよび MS 明朝 JIS2004 対応フォント

ふと、Windows SP3 はどうなったんだ?と思いました。

なんか、以前の記事だと、もうそろそろ出たような?

改めて検索すると、Windows SP3 の提供が ”2008年上半期” ばかりではっきりした日付がわかりません。

そんな中、Windows SP3 をインストールしたと言う記事も。

よく見てみると、Windows SP3 RC ばかりです。

ところで、RC ってなんじゃい?

ちょこっと、調べました。

RC版
アールシーばん
release candidate version

開発の最終段階にあるハードウエアやソフトウエアの評価版。製品出荷(release)の候補(candidate)であり、ベータ版より完成度が高い。必要に応じてRC1、RC2、RC3など複数の版を重ね、最終的なRTM版に仕上げる。
 OSやブラウザーソフトのように影響力が大きいソフトウエアなどでは、最終的な評価テストと認知度を高めるというマーケティング上の目的で、一般ユーザーにまで広く配布される場合もある。

「RC版とは」:パソコン関連用語の意味・解説:日経パソコンオンライン

どうも、正式版ではないようです。

「なら、別にいいか~」

と言いつつ、気になります。

もしかして、Windows Update で出来るかもしれません。

「Internet Explorer(インターネット エクスプローラ)のように、自分で選択しなければインストールされないのかも?」

すでに、Internet Explorer 7(IE7)は、リリースされています。

しかし、自動でUpdate しないようです。

私は、まだIE 6 のままです。

このように、Windows SP3 も自分で選択しなければいけないのかも知れません。

そこで、Windows Update をしてみました。

やはり、ありません。

「もしかして、カスタム(オプション)の方にあるかも?」

確認しました。
(改めて、なんていう項目か調べましたが、消えててわかりませんでした)

やはり、ありません。

すると、”Microsoft MS ゴシックおよび MS 明朝 JIS2004 対応フォント”なるものが・・・

すぐにインストールしました。

そして、再起動

インターネットをする為に、ブラウザを立ち上げました。

それから、フォントの変更をしようとしました。

しかし、今回インストールしたフォントがありません。

「おかし~な~ 」

画面を見てみると、何か変です。

すでに、変更されているようです。

「おい、勝手にかえるなよ~」

どうも、今までと見え方が違うので、見にくいです。

「やっぱり、元のほうがいいや~」

フォントをアンインストールする為に、”コントロールパネル”から、”プログラムの追加と削除”へ

すると、インストールしたフォントの項目が見つかりません。

「本当に、フォントをインストールしたのか?」

そこで、改めて、Windows Update へ

そして、そこの”更新履歴の表示”へ

やはり、”Microsoft MS ゴシックおよび MS 明朝 JIS2004 対応フォント”はインストールされていました。

そして、そこの説明です。

Microsoft MS ゴシックおよび MS 明朝 JIS2004 対応フォント (KB927489)
Microsoft MS ゴシックおよび MS 明朝 JIS2004 対応フォントを使用すると、Windows Vista でサポートされている最新の日本語文字セット標準を、Windows XP または Windows Server 2003 を実行しているコンピュータで使用できます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。
アンインストール方法
このソフトウェア更新プログラムは、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] から削除できます。
ヘルプとサポートを参照する
http://support.microsoft.com

これによると コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] から削除できるようです。

改めて、探しましたがどれかわかりませんでした。

だんだん面倒になってきました。

「ま~、いいか~、どうせすぐになれるだろう~」

今のフォントを使う事にしました。

でも、やっぱり変だぞ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク