ナイス!まさに“ギリギリヒロコ”mihimaru GT日本初のラクロス応援歌

この記事の元先のリンクは、

「衝撃の歌姫 “限界ギリギリ”姿」

となっていました。

「エロ記事か~」

最近、本業より、過激な露出を売り物にするような芸能人が多いような気がします。

ま~、このようなタイトルの方が、注目を浴びるのでしょうか?

とりあえず、見てみました。

たぶんの、どこぞのグラビアアイドルでしょう。

リンクを、クリックしました。

「う~ん、ナイスです~~~」

そこには、mihimaru GT の画像が・・・

巨大着ぐるみ姿を初公開したmihimaru GTのhiroko(右)。相方のmiyakeも仰天の様子だ

「いや~、あっぱれ、私は hiroko 好きだよ!」

確かに、ぎりぎりだよ~

ところで、記事によると、着ぐるみは製作費200万円の特注とか?

「そんなに、するんかい?こんなものが・・・」

そういえば、”世界まる見え!テレビ特捜部”だったかな?

ビートたけし、所ジョージ や 楠田枝里子 がでているやつ。

いつも見ているけど、ちゃんとしたタイトル憶えてないよ。

だって、名探偵コナン の後そのまま見てるから。

いつも、たけしがかぶり物で出てくるけれど、特番かなんかの時に、かぶりもの値段をえらい、高いこと言ってたよ。

詳しくは忘れたけど・・・

それにしても、ますます、mihimaru GT が好きになったよ。

まさに“ギリギリヒロコ”mihimaru GT日本初のラクロス応援歌 (サンケイスポーツ)

巨大着ぐるみ姿を初公開したmihimaru GTのhiroko(右)。相方のmiyakeも仰天の様子だ
巨大着ぐるみ姿を初公開したmihimaru GTのhiroko(右)。相方のmiyakeも仰天の様子だ

美人アスリート、山田幸代選手(中央)にエールを送るmihimaru GTのhiroko(右)とmiyake
美人アスリート、山田幸代選手(中央)にエールを送るmihimaru GTのhiroko(右)とmiyake

 男女ユニット、mihimaru GTのボーカル、hiroko(23)が、4月30日に発売する新曲「ギリギリHERO」の初回盤ジャケットと歌唱で、シュールな“ギリギリヒーロー”に変身することが23日、分かった。製作費200万円の特注着ぐるみをまとった衝撃スタイルで自らプロデュース。また同曲は、ラクロスがテーマの映画「少林少女」の主題歌として、日本初のプロラクロッサー、山田幸代選手(25)の公式応援ソングに決まった。

 人気上々の歌姫が限界ギリギリの巨大着ぐるみ姿で熱唱する。

 驚愕の着ぐるみは、新曲「ギリギリHERO」にちなみ、hiroko自身のヒーロー像を表現したもの。製作費200万円をかけた特注品で、手には映画「少林少女」の影響と思われるラクロススティックの武器、頭にはミヒマルのトレードマークであるアフロ帽を被るなど、とても完全無欠のヒーローとは思えない装い。その容姿はまさにギリギリヒーローならぬ、“ギリギリヒロコ”といった感じだ。

 きっかけはhirokoの一言だった。楽曲が完成した際に「新曲をイメージしたヒーローに自らなりたい」と提案。制作サイドも納得し、自ら楽曲に込めた「人間は誰でもヒーローになれる」との思いを表現。風変わりな発想を持つhirokoらしい着ぐるみが誕生した。

 hirokoは「色んな意味でギリギリな私もこの着ぐるみを着ると、ヒーローになった気分で撮影することができました。作ってくれた人たちに、ほんま感謝です」と喜んでいる。

 一方、楽曲がカンフーとラクロスを融合させた柴咲コウ(26)主演の映画「少林少女」(本広克行監督、4月26日公開)の主題歌であることから、日本初のプロラクロッサー、山田幸代選手の公式応援ソングにも決定。ラッパーのmiyake(27)が「この曲で前向きになってもらいたい」との思いを関係者を通じて山田選手に伝えたところ、山田選手は「勇気をもらえる歌詞に共感できた」と快諾。夢のコラボが実現した。

 現在、山田選手は豪州に遠征中で、大陸を越えてエールを送っている2人。また、映画は海外配給も視野に入れており、ミヒマルが世界進出する可能性もありそうだ。

まさに“ギリギリヒロコ”mihimaru GT日本初のラクロス応援歌 – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク