よくわからん!シーラカンス「たい焼き」 アクアマリンふくしま

シーラカンスなのに、たい焼き?

でも、名前は”ごんべ焼き”だそうです。

ふくしま海洋科学館「アクアマリンふくしま」では、シーラカンスの形をした、たい焼き「ごんべ焼き」を販売しているそうです。

どんなの?(どんな感じですか?)

こんなの!(こんな感じです!)

「アクアマリンふくしま」のたい焼き「ごんべ焼き」
「アクアマリンふくしま」のたい焼き「ごんべ焼き」

さらに、”ごんべ”ってなんじゃい?

アフリカ・コモロ諸島での、シーラカンスの呼び名「ゴンベッサ」に由来しているそうです。

素直に、シーラカンス焼きでもいいと思いますが・・・

気になるお値段は、

価格は税込み300円

「たか~」

もしかして、これって大きいの?

大きさは縦8.5cm、横14cm、厚さ2cmで、中には北海道小豆100%のあんこが入っているそうです。

ま~、いいや。

ところで、ふくしま海洋科学館「アクアマリンふくしま」ってどんなとこ?

ホームページはこちら

アクアマリンふくしま トップページ

かなり、うっとおしいホームページの作りをしています。

フラッシュばりばりの、わかりにくいサイトです。

たぶん、ホームページ作成の業者に委託したのでしょう?

私のパソコンは、スペックが低いので、パソコンが固まってしまいました。
(一度書いた、このブログの内容が飛んだよ・・・)

このような状態では、この”アクアマリンふくしま”って、たがが知れているような気がします。

こちらのページに、 ”アクアマリンふくしま”の感想がありました。

アクアマリンふくしま – BIGLOBEトラベル

どうも、まずまずの人気のようです。

もし、いってみたい方は、

こちらのページが参考になるのでは?

インフォメーション

アクアマリンふくしま – BIGLOBEトラベル

私は、大阪に住んでいるので、そんな遠くまで行く事はないでしょう。

でも、シーラカンス焼きは、気になるところです。

いえ、ごんべ焼き でしたっけ?

もし、食べた人がいたら、感想を聞かせてください。

そういえば、近所のたい焼き売ってた店、つぶれたな~

シーラカンス「たい焼き」 アクアマリンふくしま (J-CAST)

ふくしま海洋科学館「アクアマリンふくしま」では、シーラカンスの形をした、たい焼き「ごんべ焼き」を2008年3月22日から販売している。

名前の「ごんべ」は、アフリカ・コモロ諸島でのシーラカンスの呼び名「ゴンベッサ」に由来。同水族館はシーラカンスの調査研究に力を入れていて、その専門家でもある安部義孝館長が同館のオリジナル商品としてたい焼きを提案。安倍館長が自ら金型を作った。

販売場所は同館内の「スープ&カフェ アクアクロス」。価格は税込み300円。大きさは縦8.5cm、横14cm、厚さ2cmで、中には北海道小豆100%のあんこが入っている。

ニューストップ > 経済・ビジネス > 経済 > シーラカンス「たい焼き」 アクアマリンふくしま – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. コマメ より:

    厳しいご意見ありがとうございます。
    所詮、この程度のブログなんで、お許しください。

  2. かん より:

    たかがしれてるって、行って、観ての感想をアップしてほしい。
    勝手に決め付けんな。