今度は何だ?グーグルのロゴ 3月26日

パラメトロン計算機 PC-1

おい!また、グーグルのロゴが変わっているよ。

今度は何だ?

ロゴに、カーソルを近づけると、”パラメトロン計算機 PC-1”の文字が・・・

今日のキーワードはこれか~

後は、グーグルで検索。

2008年3月26日(水)はパラメトロン計算機PC-1が完成して50年目です

この情報が載っていたサイトはこちら

こんな事も書いてあるよ。

このホームページには, 東京大学理学部物理学教室高橋研究室で組み立てられ, 1958年3月26日から1964年5月まで稼働していたパラメトロン計算機 PC-1の記録を集めてある.

リンクがあったので、他のリンクを押してみたよ。

すると、英語で書かれていたりして、

さ~っぱりわかんないよ!

どうもわからない、パラメトロン計算機ですが、パラメトロンでこんな記事が

パラメトロン
1954年に後藤英一によって発明された新論理素子.後藤は当時東京大学高橋秀俊研究室の大学院生であった.パラメトロンはパラメータ励振現象を使用する論理回路素子.LC共振回路のLあるいはCを,共振周波数のほぼ2倍の周波数2fで変動させると,パラメータ励振により周波数fの振動を励起することができる.後藤はこの発振に0かπかの2つの位相があり,2進数をその位相で表示できることに気づき,電子計算機用新論理素子としてパラメトロンと命名,最初の研究報告を1954年7月に電気通信学会電子計算機研究専門委員会で行った.高橋研究室ではパラメトロンを用いて電子計算機PC-1を試作した.
コンピュータ博物館:日本のコンピュータ:黎明期のコンピュータ:パラメトロン

で、この後藤英一さんを調べたら、こんな記事が

日本のコンピューターのパイオニア、“パラメトロン計算機”の後藤英一氏が死去

2005年6月13日 のニュース
1954年に独自の多数決論理素子“パラメトロン”を発明者し、日本のコンピューターのパイオニアとして知られる東京大学 名誉教授の後藤 英一(ごとう えいいち)氏が12日、午前9時7分に神奈川県平塚市の病院で心筋梗塞のため死去。74歳。

こちらのサイトには、”PC-1の前に立つ高橋秀俊(右)とパラメトロン発明者 後藤英一”って画像があったよ。

でも、禁無断転載・禁無断複写って書いてあるから、画像が見たい人は、こちらを見とくれ。

コンピュータ博物館:日本のコンピュータ:黎明期のコンピュータ:東京大学:PC-1 パラメトロン式計算機

いろいろ調べたけど、よくわかんなかったよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク