アリか?もってけ!「らき☆すた」ラベルの日本酒 – 豊明

他のところの記事で知っていたが・・・

埼玉県幸手市で、「らき☆すた」日本酒が、2008年3月25日から発売されるそうです。

どうも、私はこの「らき☆すた」って好きになれません。

もちろん、何も知りません。

しかし、この絵柄が・・・

背筋がゾッとします。

もろ、おたく好みってところが・・・

もちろん、「らき☆すた」が人気なのは知ってます。

調べて見ようと思いながら、今日まで経ってしましました。

改めて、「らき☆すた」について、ちょこっと調べてみようと思います。

まずは、オフィシャルサイトです。

「らき☆すた」オフィシャルサイト/「らっきー☆ちゃんねるWEB」/「らきすた」公式サイト

う~ん、なんだか、近寄りがたいな~

見ましたがよくわかりません。

『らき☆すた』(らきすた)とは美水かがみの4コマ漫画及びそれを原作としたゲーム・アニメ作品である。角川書店の月刊ゲーム雑誌「コンプティーク」において2004年1月号より連載されている。また「コンプエース」他数誌で掲載されている

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

私のまったく知らない雑誌の名前が・・・

これによると、”らき☆すた”は4コマ漫画のようです。

これで、少しは印象が変わりました。

もっと、おたく好みの連載ものかと思っていました。

ま~、一度読んでみようと思います。

ところで、今回の商品ですが、さすがにどうかと思います。

先ほどのリンク先によると、”らき☆すた”の主人公の設定は、高校生のようです。

また、このラベルには、その主人公がお酒を飲んでいるような印象さえ受けます。

今は、未成年にはタバコを売らない方向に進んでいます。

そんな中、このような物はどうかと思いますが・・・

やはり、売れれば、モラルなんてどうでもいいのでしょうか?

もってけ!「らき☆すた」ラベルの日本酒

石井酒造「豊明」の「らき☆すた」ラベル
石井酒造「豊明」の「らき☆すた」ラベル

人気アニメ「らき☆すた」の舞台とされている埼玉県幸手市で、「らき☆すた」商品券に続き、「らき☆すた」日本酒が2008年3月25日から発売される。

発売されるのは、石井酒蔵が現在発売している純米酒「豊明」の「らき☆すた」ラベル。「豊明」は地元の米を使い地元の酒蔵で製造された地酒で、口当たりのやわらかな淡麗辛口酒だという。ラベルは、「らき☆すた」主要キャラが未成年のため、主要キャラ4人に成人キャラ2人(ゆい姉さん、ななこ先生)を加えたデザインになっている。170年の伝統を誇る蔵元と、現代の「萌え」とのコラボレーション商品だ。

幸手市内の商工会加入事業所で3月25日から販売を始めるが、3月27日からは権現堂桜堤内の桜まつり物産販売会場でも販売する。一本720mlで1050円。いずれも店頭販売のみで、「桜の花見とあわせて楽しんでくれれば」とのことだ。

もってけ!「らき☆すた」ラベルの日本酒 – 豊明 : 食 : J-CASTモノウォッチ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ガセネタ? より:

    6月18日ぐらいに

    ビンの色
    変更モデルが
    発売されると 言う

    噂が…

    本当にあっても

    だれが 買うのか…

    詳細希望

  2. 「らき☆すた」で地域活性化!…

     幸手市は良いキャラクターを持っていて、羨ましい!! 幸手市HP 石井酒造㈱ 「らき☆すた」オフィシャルサイト※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』    …