あんた誰?滝川クリステルの低収入と疲労が原因か

記事の内容は、滝川クリステルがキャスターを務めている「新報道プレミアA」が、6月いっぱいで終了すると言う内容です。

「ふ~ん」

私は、この番組を見たことが無いので、別に興味がありません。

また、記事は続いて、番組が終わるのは、滝川クリステルのギャラか?って言う推測記事です。

ところで、この滝川クリステルですが、

“斜め45度のほほ笑み”

などと言われているのは知っています。

また、夜のニュース番組に出ているのも知っています。

しかし、私は違う局のニュースを見ています。

何度か、滝川クリステルの出ている番組を見たことあります。

しかし、他局の方がわかりやすいので、そちらを見ています。

ま~、ニュースを見るといっても、パソコンをいじりながらと、あまり画面を見ていません。

また、テレビの映りも悪いので、滝川クリステルの顔もよくわかりません。

そうなると、滝川クリステルの顔より、聞いてわかりやすいほうのニュースの方がいいです。

ところで、記事によると、滝川クリステルの事を”フジの子会社である共同テレビの社員”となっています。

あんた何なのさ?

って事で、ちょこっと調べてみました。

まずは、終わるとされる”新報道プレミアA”のホームページです。

新報道プレミアA – フジテレビ

そして、プロフィール

フジテレビ・アナウンサープロフィール:滝川クリステル

ついでに、いつものウィキペディア

滝川クリステル(たきがわ・クリステル、Christel Takigawa、1977年10月1日 – )は共同テレビ所属(フジテレビ専属)アナウンサー。本名:滝川・ラルドゥ・クリステル・雅美(Takigawa Lardux Christel Masami)、日本名:滝川 雅美(たきがわ まさみ)。 母は日本人、父はフランス人。出生地はフランス・パリ。帰国後は兵庫県神戸市に在住。神戸に帰国したのは母親が神戸市内の出身であった事から。その後、東京都内へ転居。血液型AB型。

フリーキャスター目黒陽子とその弟の俳優滝川英治(リポビタンDのCMで有名)は従姉弟である。モデルの滝川ロラン(日本名:滝川武)は弟。

通称は滝クリ、クリス。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

私としては、ニュースはわかりやすければ、誰がキャスターでもいいです。

最近は、ニュースもバラエティー番組のように、演出も重要視されているようです。

しかし、原点にもどって、わかりやすいニュースを放送してほしいです。

あの、10時ごろ始まるニュースですが、キャスターの訳のわからない解説と同じくらい、見ている私の文句の方が多くなるようなニュースは止めてほしいです。

滝川クリステルの低収入と疲労が原因か (ゲンダイネット)

 滝川クリステル(30)がキャスターを務めている日曜夜のニュース番組「新報道プレミアA」(フジテレビ)に緊急事態か。なんと6月いっぱいで終了することが決まったという。

 同番組は“ニュースの女帝”安藤優子と「ニュースJAPAN」でオジサンに大人気の滝川のコンビで注目され、ジャーナリストの桜井よしこがコメンテーターとして脇を固めている。話題の大型報道番組として昨年4月から鳴り物入りでスタートし、来月で丸1年になる。

 当初は1ケタ台の視聴率が続いて苦戦を強いられた。しかし、最近はコンスタントに10%を超えていて、15%近い時もある。それだけに意外という気がする。

 なぜ、こんな話が浮上しているのか。

「滝クリの独立話が進んでいるんですよ。いまの彼女の立場はフジの子会社である共同テレビの社員で、フジとは専属アナ契約を結ぶ形になっています。そのため、2本のニュース番組を担当しながら年収は1000万円に届くかどうか。一方の安藤はフリー扱いで、夕方の『スーパーニュース』と『A』で滝クリの何倍も稼いでいる。これだけの格差を目の当たりにした滝クリが独立に傾くのも無理ありません」(テレビ関係者)

 そもそも、滝川にとって「プレミアA」の重圧はハンパじゃなかった。

●安藤優子とは良好な関係?

「安藤は番組がスタートした時から、美人キャスターとモテはやされている滝クリに“ニュースは見せ物じゃない”とプレッシャーをかけていました。最近は安藤が“クリステル”と呼びかけたりしてフランクな関係は画面を見ていても伝わってきましたが……。そんな安藤との関係に加えて、週6日出演の疲労がピークに達しているのかもしれません」(マスコミ関係者)

“斜め45度のほほ笑み”が見られなくなるような事態にはならないで欲しい……。

 こんな男どもの声は届くかどうか。

滝川クリステルの低収入と疲労が原因か – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク