何で?Googleのトップ3、2007年も給与は1ドル

もしかして、儲かっていないの?

アメリカのGoogleトップ3人の給与は、2007年も1ドルだったそうです。

もちろん、会社が苦しい訳ではありません。

もう、お金なんて要らないぐらい持っているのでは?

こうなると、趣味が仕事かも知れませんね。

ところで、あなたはこのニュースを見た時、どのように思いました?

私は、税金対策かな?って思いました。

日本でも、新会社法なるものが施行されました。

そのため、簡単に会社が設立できるようになりました。

私も、会社でも作ってみようかな?って考えていました。

何の会社にするかは、決めていません。

まるで、ブログを始めるような感覚でした。

調べたところによると、すべて自分で手続きをした場合の費用は、24万円ぐらいだったと思います。

ところで、何で会社なんか?って思うかもしれません。

それは、

カッコイイからです。

ウソです。

税金面で有利だからです。

たとえば、仕事に着ていくスーツを買うとします。

あなたが、サラリーマンの場合、

給料から、税金を引かれて、残りでスーツを買います。

しかし、これが、会社の場合は違います。

まず、売上(収入)から、必要経費のスーツ代を引きます。

そして、残りのお金に対して、税金が掛かります。

もし、べらぼーに高いスーツを買ったとします。

売上より高いスーツです。

すると、赤字になります。

その場合は、税金を払う必要がありません。

ところで、この説明ですが、実際にスーツが必要経費として認められるかはわかりません。

これは、説明としてスーツを出しました。

しかし、労働者と会社では、ルールが違う事をわかっていただけたと思います。

今度は、株の話をします。

あなたが、株を51%以上持っていたとします。

すると、あなたはその会社を自由に出来ます。

なぜなら、株、1株につき1個の力があるからです。

どんなに、反対者がいても、最後の1個の力で勝つからです。

株の世界は、多数決だからです。

ここで、クイズです。

あなたは、ある会社の株を51%持っているとします。

そして、車のベンツがほしいとします。

あなたなら、どうしますか?

私は、会社名義で車を買います。

「え~、じゃあ、会社の車?」

その通り、会社の車です。

しかし、あなたは、51%の株を持っているので、あなたの車でもあります。

まるで、

「オレの物は、オレの物、お前のモノも、オレの物って感じですが・・・」

どうでしょうか?

会社のメリットが、わかっていただけたでしょうか?

では、悪いことが起こった場合を説明します。

あなたが、掲示板を運営していたとします。

その掲示板に、他人の悪口が書かれたとします。

そして、悪口を書かれた相手から、訴えられたとします。

ここで、会社が出てきます。

実は、この掲示板は、別会社として運営されていたとします。

そして、訴えられたのは、あなたとします。

あなたは、この会社の株を51%持っているが、ここからの給与は1円だったとします。

そして、裁判に負けたとします。

ま~、私も専門家ではありません。

だから間違っているかもしれませんが、会社はそのままで、自分もほとんど無傷だったと思います。

もし、財産の名義を、自分としていた場合は、ごっそりとお金を取られているでしょう。

また、相続の場合も違います。

説明的には、かなり不安ですが、会社というものをうまく使えば、節税になります。

節税は、脱税とはまったく違うものです。

ところで、私は、会社設立を考えていましたが、止めました。

確かに、赤字の場合は、税金を払わなくてもいいです。

しかし、他の税金は赤字でも、払わなければいけないみたいだったからです。

プラスマイナスで、マイナスの方が多かったので止めました。

*注意*
上記の説明は、不確かなものです。
もし、間違っていたら、ごめんなさい。
間違っていて、損害が出ても、私はし~らない。

Googleのトップ3、2007年も給与は1ドル

 米Googleトップ3人の給与は、2007年も1ドルだった。同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した報告書で明らかになった。

 同社の創設者サーゲイ・ブリン氏とラリー・ペイジ氏、CEOのエリック・シュミット氏は2004年以来、自らの希望で年間給与を1ドルとしている。ただしブリン氏とペイジ氏は2007年にボーナスとしてそれぞれ1723ドル、シュミット氏は1898ドルを受け取った。シュミット氏はさらに、警護のための費用47万4662ドルを含め、47万8662ドルをGoogleから支給された。ストックオプションや株式による報酬はなかった。

 3氏が保有するGoogleのClass B株式(議決権付株式)は、シュミット氏が約950万株(Class B株のおよそ12%)、ペイジ氏が約2915万株(38%)、ブリン氏が約2863万株(37.3%)。シュミット氏の保有株数は前年の1億700万株から減少しており、残る2人の保有数はほぼ変わっていない。

 Google株は昨年11月に747.24ドルの高値を付けた後、現在は450.78ドルに値を下げている。ペイジ氏とブリン氏の保有株はピーク時の約210億ドルから130億ドルへと価値が下がったことになる。

Googleのトップ3、2007年も給与は1ドル(ITmediaニュース) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク