計画的に!100万円で遺灰を月面へ=米社が来年にも新サービス

来年にも、100万円で遺灰を月面へ送るサービスが開始かれるかも?

う~ん、夢がありますね。

お墓参りの代わりに、月参りですか?

これなら、お墓を掃除する手間がはぶけますね。

ところで、どうやって遺灰を運ぶのでしょうか?

記事によると、調査用ロケットの月面着陸船を使い、遺灰を入れたカプセルを月面に置くそうです。

私は、てっきりミサイルみたいに遺灰のカプセルを、月に向けて発射するのかと思いました。

話は変わりますが、富士山。

遠~くから見たら綺麗です。

しかし、行って見るとゴミが多いらしいです。

聞くところによると、ゴミが多くて世界世界遺産にならないとか・・・

話を、月面サービスに戻します。

ところで、月面のどこに置くのでしょうか?

もしかして、適当かも?

将来、人類が月に行ったとき、月一面、遺灰がゴロゴロってなっていませんかね?

そうなると、月のイメージも変わりますよ。

死の月って感じで・・・

もちろん、遺灰はゴミとは違います。

しかし、計画的にやらなければ、富士山のようにもなりかねません。

やりっぱなしで困るのは、後世の人です。

そんなことを、ふと思いました。

ところで、あなたはこのサービスを利用したいですが?

私は結構です。

なんか、島流し的なイメージがあるので・・・

今は、あっちへふらふら、こっちへふらふらって言う生活をしています。

死んだ時ぐらい、どっしりと地面に足を付けたいと思います。

おっと!幽霊になったら、足がありませんね。

どうしよう?

そんな心配は、死んでから考えます。

100万円で遺灰を月面へ=米社が来年にも新サービス

 宇宙葬」を手掛ける米セレスティス社は28日までに、遺灰をロケットで月面に送り届ける新サービスを2009年にも開始すると発表した。夜空に輝く月を見ると、故人を思い出す。そんな時代が近く到来しそうだ。
 費用は1万ドル(約100万円)から。調査用ロケットの月面着陸船を使い、遺灰を入れたカプセルを月面に置くことで、ロケット打ち上げ会社と合意したという。 

100万円で遺灰を月面へ=米社が来年にも新サービス(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク