あっぱれ!ドイツの収集家、家がコレクションであふれホテル滞在

あんた、コレクターの鏡だよ。

記事によると、ドイツの男性の家が、収集品であふれ、ホテル住まいをしていたそうです。

うん、うん、わかるよ、その気持ち。

ところで、この人は何を集めていたの?

武器や身の回り品のようです。

ま~、武器はいいとして、気になるのが身の回り品です。

これって、ゴミ?

コレクションなんて、本人にとっては宝でも、他人から見たらゴミって場合があります。

コレクターの悲しいところです。

私も、いろいろ集めたような・・・

作りもしないプラモデルとか・・・

でも、親に捨てられたよ。

「えっ!ゴミじゃないの」

って言われたよ。

小遣い集めて買ったのに・・・

あの時は、涙ものだったぞー

ドイツの収集家、家がコレクションであふれホテル滞在

 ドイツ西部のアーヘンで武器や身の回り品を収集していたコレクターの男性が、熱心さのあまり家が収集品であふれ、ホテルでの生活を余儀なくされていたことが分かった。警察当局が2日明らかにした。

 71歳の男性はすでに死去。遺言執行人が武器などの収集品を男性の自宅で見つけた。警察によると、男性の年齢に合わせた銃71丁や銃弾41箱、ブレードが格納された歩行用つえなどがあった。

 地元紙の記者は近所の人の話として、男性が服から園芸用品まであらゆるものを収集しており、家がコレクションでいっぱいになるとホテルに滞在することもあったと伝えた。

 また、ある隣人は、男性が外出中、1日に14個もの宅配物に対応しなければならないこともあったという。

 男性の遺産の相続人は見つかっていない。

ドイツの収集家、家がコレクションであふれホテル滞在 | 世界のこぼれ話 | Reuters

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク