えっ!疲れたとき食べる菓子「チョコ」がトップ、ほっとしたいときは「洋菓子」

あるアンケートによると、70%の人が仕事や家事で疲れたときに食べる菓子は「チョコレート」だそうです。

えっ!もしかして、みんな疲れたとき用のお菓子ってあるの?

私も、疲れたときに、何か食べるよ。

でも、別に何も決まっていないけど・・・

いつも、ある物を食べているので・・・

たまに、それがインスタントラーメンだったりする訳よ。

気が付くと、かなり太っていたさ。

その時は冬でしたが、かなり温かく感じました。

「脂肪ってこんなに、あったかいものなんだ~」

って感心したぐらいだよ。

ま~、あれ以来、あまり食べないように気をつけています。

と言いながら、今食べながらブログを更新してますけどね。

疲れたとき食べる菓子「チョコ」がトップ、ほっとしたいときは「洋菓子」

マイボイスコムのアンケート調査結果によると、70%の人が仕事や家事で疲れたときに食べる菓子として「チョコレート」をあげ、ほかの菓子に比べ圧倒的な人気を示した。以下「洋菓子」の34.5%、「ポテトなどのスナック菓子」の31.7%、「アイス」の30.8%、「ビスケット/クッキー」30.2%と続いた。

イライラしたとき食べる菓子も「チョコレート」が44.1%でトップ、2位は「ガム」の17.0%だった。ほっとしたいとき食べる菓子は「洋菓子」が38.1%で最も多く、「チョコレート」は37.3%とこれに次いだ。

78.3%の人が日常生活でストレスを感じており、その原因は「職場や仕事上・学校での人間関係」が50.2%で最も多く、ほかに「金銭面」が37.9%、「家族や子供との関係、家庭環境」が35.6%あった。

普段どのくらい菓子を食べるかと尋ねると「よく食べる」という人が43.7%で、「たまに食べる」が40.6%。また「あまり食べない」は11.1%、「ほとんど食べない」は4.7%だった。

調査は3月1日~5日の期間、インターネット上で実施した。有効回答数は1万4773。性別の内訳は男性46%、女性54%。年齢は30歳~40歳代が67%を占める。

疲れたとき食べる菓子「チョコ」がトップ、ほっとしたいときは「洋菓子」(nikkei TRENDYnet) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク