何で求人?英国の男性、高齢の父親とパブに行ってくれる相手を求人

何で自分で連れて行かないの?

イギリスの男性が、自分の父親をパブに連れて行ってくれる人を探す求人広告を出したそうです。

ま~、自分の息子と行くより、他人の方が楽しめるのでは?って言う気遣いでしょう。

ところで、これって話題づくりのため?って思いましたが、記事によると、

”募集は男性のみで、未成年者や酒に酔いたいだけの人も対象外だという。”となっています。

かなり、しっかりした内容ではないでしょうか。

これによって、たくさんの募集が集まるのでは?

条件にぴったりの人が見つかるといいですね。

英国の男性、高齢の父親とパブに行ってくれる相手を求人

 英国南部に住む男性が、自分の父親をパブに連れて行ってくれる人を探す求人広告を、地元の郵便局に掲示した。広告には「求む、年配の紳士とパブに同伴してくれる人」と書かれており、報酬も支払われるという。

 この広告を掲示したマイク・ハモンドさんは、88歳になる父のジャックさんが週に2回は介護施設から外出し、パブで誰かと会話を楽しめるよう希望している。

 採用された人には時給7ポンド(約1400円)のほか、必要経費が支払われる。ハモンドさんがタイムズ紙に語ったところでは、募集は男性のみで、未成年者や酒に酔いたいだけの人も対象外だという。

英国の男性、高齢の父親とパブに行ってくれる相手を求人 | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク