気になる?<硫化水素自殺>東京・高尾山で2人の遺体相次いで見つかる

基本的には、このブログでは、このような記事を扱わないようにしています。

なぜなら、ニュースを付けると、いや~なニュースばかりだからです。

不景気、殺人、企業の不正

毎日のように、このようなニュースが流されています。

正直なところ、見ている方も、あまり良い気分ではありません。

あまりにも、そのようなニュースが多いので、それに慣れている自分にも驚きます。

今回の気になったニュースは、硫化水素自殺の件です。

う~ん、いやなニュースだな~

記事の内容は、東京都八王子市の高尾山で、硫化水素を発生させて自殺したとみられる2人の遺体が相次いで見つかったそうです。

なぜ、あえてこの記事を取り上げたかと言うと、このブログの硫化水素自殺の件を扱ったページの、アクセスがあまりにも多いからです。

興味本位ってのもあると思います。

しかし、中には、深刻な人もいるのでは?と思いました。

記事によると、硫化水素による自殺は07年3月~08年4月の間に全国で11件となっています。

日本の人口から考えると、極僅かです。

しかし、自殺者の数は、交通事故で死ぬ人より多いと聞きます。

確かに、世の中は複雑になってきています。

私も、

「あ~、つまんね~、後、何年生きなければなんね~の~」

って思うときもあります。

今思えば、鬱状態では?って時もありました。

本当に、あの時は、夜が怖かったです。

夜寝る事が出来ず、いつも朝日を確認して、寝ていた時がありました。

落ち込んでいる時は、いいのですが、ちょっと気分がよくなると、本当に

「首でもつっちゃおうかな~」

って思いました。

今、文でかる~く書いていますが、内容的にヘビーなので、このようにかる~く書いております。

本当に、人の何気ない言葉に傷付きました。

まるで、心がむき出しのようにも感じました。

自殺に関して、

「絶対ダメ」

って言う人がいます。

私から言わせれば、よっぽど、幸せな人生を送っているのでしょう。

また、周りの人にもめぐまれたのでしょう。

しかし、もしかしたら、次の瞬間変わるかもしれません。

いつまでも、その幸せが続けばいいですねって思います。

私は、自殺に関しては、自分がこんな状態なので、何も言えません。

しかし、もし、目の前に自殺しようとする人がいれば、

「ちょっと、だけ待ってみて」

と言うでしょう。

いずれ、みんなが行くあの世です。

そんなに急がなくてもって止めるかもしれません。

たぶんの、その時は、悩みをかかえていると思います。

しかし、死ぬのは、その最悪な事が起こったのを確認してからでも遅くないのでは?と思います。

デール カーネギーの”道は開ける”って本だったと思います。

この本は、人間の悩みに関する内容の本だったと思います。

そこに、人間の考える最悪の事柄は、実は結構起こらないみたいなことが書いてあったと思います。

この本は、そこらの机上の空論で書かれた本ではなく、いろいろな人の結果を元に書かれていたと思います。

私は、本当ではないかと信じています。

だから、たぶん、今でも生きているのでしょう。

話が、あまりにも暗くなってすみません。

ちょこっと、気になったもので・・・ 

<硫化水素自殺>東京・高尾山で2人の遺体相次いで見つかる (毎日新聞)

 東京都八王子市の高尾山(標高599メートル)で5日午前、有毒の硫化水素を発生させて自殺したとみられる2人の遺体が相次いで見つかった。

 警視庁高尾署の調べでは午前8時半ごろ、八王子市に住む少年(16)の両親から「息子がいなくなった」と110番通報があった。少年が自殺をほのめかすメールを母親に送っていたことから、署員が山中を捜索、登山道から約75メートル外れた河原に張ったテントの中で、少年が頭からビニール袋をかぶって死んでいるのを見つけた。テントには液体洗剤と入浴剤の容器があった。少年は4月、高校に進学する予定だった。

 少年が発見される前の午前6時ごろ、京王線高尾山口駅の駅員から「人が死んでいる」と通報があり、署員が登山道入り口付近で都内に住む男性(29)の遺体を見つけた。男性のそばに洗面器のほか、液体洗剤と入浴剤があった。少年との関連はないとみられる。

 硫化水素による自殺は07年3月~08年4月の間に全国で11件。自殺方法を指南するようなインターネットへの書き込みも多い。濃度が高い硫化水素は無臭で、家族など近くにいる人が巻き込まれたケースもある。

<硫化水素自殺>東京・高尾山で2人の遺体相次いで見つかるInfoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    そのお二人の心中は分からないではないです。

    遡る事10年前俺は体調を崩し親しい病院を含め4件の病院に診察を受けに
    行きましたたが、いずれも異常なしですよ と あぁ俺はもう病名も分からないし
    それでは治療も出来ないんだと諦めかけていた時、友人が良い病院があるからと紹介してくれたのですがやっぱり異常なし点滴をしてくれたり院長先生は
    よく診てくれました。もう駄目なんだと今日を最後にしようとその日病院に行き
    ました。それを察したとは思いませんが院長先生がメンタルな部分があるかもしれないので明日もう一度来院して専門の先生に診てもらったいかがですかと
    そして診察を受けたらうつ病です。って 明るい性格のこの俺が? でもこれで
    治療が始まるのだと嬉しくも感じました。 専門の病院に変わりまして今度の先生は、OOさん絶対に自殺しないで下さいね ・・・。 方法を模索していた俺には守れないので又別の病院に 初診です。と言ったら公費負担が
    有りますので利用なさいますかと ハイ その病院の医師は精神科には明らかに不向きな医師でした。 三年が過ぎその科が無くなり元の病院に初診で受けました。 が カルテが残っており、同じ先生でした。 何故薬を貰わず帰ったのですか? 方法を模索してたので約束できなかったからです。と答えました。
    今は双極性と診断されています。

    たまたまあの日 躁だったのか高尾山に行きましたが体力が無くリフトを使って
    降りてからもそれほど歩けず、幼稚園生にも歩行器を使ったおばぁさんにも
    抜かれ人目を憚りながら(恥ずかしいので)車道を下山していたら、2台の
    赤バイが登ってきました。初めてみました。清滝の駅に近づくにつれ騒々しい
    のです。駅前の広場は緊急車両で一杯で薬王院の駐車場まで、日野市の消防署の特殊車両や八王子の救急車・ミニパト等々 救急隊員がスピーカーで
    状況を説明しているのですが山に反響して聞き取れず、ケーブルカーの隣の道路で規制している半そで姿の警察官に聞いたところ異臭がする。 との110番があったとのことでその時はなにがあったのか分かりませんでしたが帰宅し
    NHKのニュースで知りました。
    あれだけの人達に迷惑を掛けることになるのを実感しました。
    身の回りを始末し誰にも知れずに存在を消す事の難しさ 痛感しました。
    一時は硫化水素の作り方がネットに有ったようですが消された事を知り残念な
    思いでした。

    今現状は少し薄らいではいますが・・・。模索は続いています 100歳の親父がとりあえず一人でヘルパーさんや看護師さんや訪問リハビリのお世話になりながらも元気なので

    乱文にてスミマセン 
    ここにコメントを入れるつもりは無かったのですが、同じ病に人に教えたのですが俺本人は流し読みで終わっていたので読み返したら、コメントすることに
    したのです。

    失礼いたします。