宮崎県の東国原英夫知事が「週刊文春」記者の突撃取材に怒る

 
宮崎県の東国原英夫知事が、ブログで、「またまたマスコミ不信である」と怒りをあらわにしているようです。

どうも、「週刊文春」の記者が、突撃取材に来たことに関係しているようです。

とりあえず、この記事の元である、東国原英夫知事のブログを見てみることにしました。

それがこちらです。

困ったものだ|東国原英夫オフィシャルブログ「そのまんま日記」by Ameba

上のブログによると、週刊文春の伊藤記者に怒っているようです。

”またまた”となっているので、今までにも、何度もマスコミだからって正義を振りかざし、失礼な行動をしているのでしょう。

ところで、週刊文春の伊藤記者ってどんな人?

ちょこっと調べてみました。

しかし、フルネームでないので、わかりませんでした。

でも、東国原英夫知事のブログで、週刊文春の伊藤記者が出てくるところがありました。

こちらのページです。

2008年04月04日|東国原英夫オフィシャルブログ「そのまんま日記」by Ameba

普通、こんな場合は、両方の意見を聞いてみる必要があります。

しかし、東国原英夫知事の仕事ぶりを見ていると、東国原英夫知事の方か正しいのでは?って思います。

ところで、週刊文春って、ちょっとはマシな雑誌と思っていたのですが・・・

ちょこっと調べてみました。

文藝春秋ホームページ

ホームページの作りは、文学っぽい重々しいイメージを受けます。

ま~、ホームページなんて、どーとでも作れます。

さらに、調べて見ました。

おっと、すみません、私が見ていたのは、”文藝春秋”で”週刊文春”ではありませんでした。

週刊文春_080410

なんか、一気に俗ぽくなりました。

記事のタイトルを見ると、怪しさすら感じさせます。

イメージでしかありませんが、このようなつくりなら、礼儀を知らない記者がいてもおかしくないような気がします。

ま~、今回の場合、限られた記者のみみたいなので、その人を出入り禁止にすれば?と思います。

見る限り、東国原英夫知事は、誰にでも優しそうです。

東京都の、ある知事のように、言うべきところでは言う必要があるのでは?と思いますが・・・

どうでしょうか?

東国原知事 「週刊文春」記者の突撃取材に怒る (J-CAST)

以前『週刊プレイボーイ』の記事を「本質を無視した揚げ足とり」と非難した、宮崎県の東国原英夫知事が2008年4月7日に更新したブログで、「またまたマスコミ不信である」と怒りをあらわにしている。

「週刊文春」記者が突撃取材に来たことについてだ。こんな話をふってきたという。

「僕の『ゆっくり歩け 空を見ろ』の小説、またはそれを素材としたドラマ・再現VTR等で、一部に事実と異なる表現があり、三股町の親戚が悲しんでいるとのこと」
  この件について東国原知事は、そもそも小説は「事実に基づいたフィクション」であるとし、「三股町も了解している筈だ」と強調している。選挙を手伝ってもらったり、激励を頂いたりと関係は良好だという。

また、三股町の親戚側も「文春の取材には迷惑・困惑していたらしい」という話もきいていて、「本当に、文春には困ったものだ。僕が彼らに一体何をしたというのだろうか?」「本当に迷惑である」と、心情を吐露している。

「週刊文春」記者の突撃取材に怒る – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク