休みちょうだい!GW休暇、平均5.2日=昨年より2日短く-厚労省調査

今年の、ゴールデンウイークの休暇日数平均は、5.2日だそうです。

ちなみに、去年の平均は、7.3日だそうです。

減ってるじゃん・・・

不景気が叫ばれる中、経営者としては、アイデアではなく、体力勝負ってところでしょうか?

実際のところ、無理して働いて、どれだけの効果があるか疑問です。

ま~、今までの経験から言って、

「世間様は、休みだから」

と言って、だらだらと仕事をする場合が多かったと思います。

この期間は電話も少なく、電話に出ると、

「あっ!営業しているんですか?」

って会話から始まります。

普段、売上の下降気味に、目をつり上げている経営者もゆったりしたものです。

もともと、経理をしていた私から見て、経費的に休みのほうがいいのでは?って思います。

これは、私が労働者だら、そのように思うのかも知れません。

しかし、経営者は、同じ給料なら使わなソンって考えている節が見えます。

このような考えを、経営者から感じると、働いている者としては、やる気をなくします。

この傾向は、小さい会社ほど見られます。

逆に、ちょっと大きい会社の場合は、上司が

「ごくろうさん」

と言って差し入れをしてくれる場合もあります。

休みも、大きい会社ほど、長期の傾向にあるようです。

大きい会社だから、高待遇って声が聞こえてくる気がします。

でも、仕事は人間がします。

少しでも条件のいいほうが、やる気もでるのでは?

そんな小さなやる気が集まって、小さな会社が大きくなるって行くのではないでしょうか?

屁理屈をこねて、少しでもサボろうとしている、私の意見でした。

GW休暇、平均5.2日=昨年より2日短く-厚労省調査

厚生労働省が15日まとめた企業のゴールデンウイーク(GW)休暇調査によると、通算の休暇日数(1回に3日以上が対象)の平均は5.2日で、昨年実績(7.3日)より約2日短くなることが分かった。途中に出勤日が入らない連続休暇も平均5.0日と昨年(5.6日)を下回る。調査した企業の3分の2は、曜日の都合などで昨年よりも休暇日数が減ると答えており、今年は短いGWとなりそうだ。
調査は全国主要企業1330社を対象に実施し、9割から回答を得た。

GW休暇、平均5.2日=昨年より2日短く-厚労省調査(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク