微妙?朝食抜きの習慣、女児出産の可能性高まる傾向=英研究

ある分析結果によると、低カロリーの食事を取ったり朝食を抜いたりする女性は、女児を出産する可能性が高いそうです。

本当かな~

記事によると、高カロリーの食事を取っていたグループの男児出産率が56%だった一方、低カロリーの食事を取ったグループは同45%だったそうです。

このデータでは、あんまり差がないような気がするのですが・・・

ところで、この記事を見た時にあることを思い出しました。

天皇の跡継ぎの事です。

これに関しては、あんまりよくわかりません。

しかし、一時期、女性天皇がってテレビで騒いでいたと思います。

ま~、早い話、男の子が生まれていないって事でしょう。

この研究結果が正しいとすれば、皇族は低カロリーの食事を取ったり朝食を抜いたりしているのでしょうか?

食事に関しては、ちゃんと摂っていると思います。

低カロリーに関しては・・・

そういえば、太った人っていないような気がします。

でも、それほど極端な食事はしていないと思います。

想像ですが、かなり健康には、周りで働いている人が気を配っていると思います。

それでも、男の子が生まれない。

そんな事を考えると、こんな研究結果など、あてにならないのでは?と思います。

朝食抜きの習慣、女児出産の可能性高まる傾向=英研究

英国の研究チームが23日、低カロリーの食事を取ったり朝食を抜いたりする女性は、女児を出産する可能性が高いという研究結果を発表した。高カロリーの食事を取ると男児が産まれる確率が高いという。

同研究は、エクセター大とオックスフォード大の合同研究チームが、英国内で第1子妊娠中の母親740人を対象に実施。それによると、高カロリーの食事を取っていたグループの男児出産率が56%だった一方、低カロリーの食事を取ったグループは同45%だった。

エクセター大のフィオナ・マシューズ氏は「この研究結果は、若い女性たちが低カロリーの食事を選ぶ傾向がある先進国で男児出生率が低下している原因の解明につながる可能性がある」としている。

朝食抜きの習慣、女児出産の可能性高まる傾向=英研究 | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク