あんた誰?別所哲也さんが、ブラックユーモア溢れる絵本を翻訳

俳優の別所哲也が、初めて絵本を翻訳をしたそうです。

記事には、別所哲也を紹介するにあたって、”英語が堪能なことでも知られる”とされています。

「そんなこと、しらね~よ」

別所哲也といえば、丸大食品株式会社のCMの、「ハムの人」と言われているぐらいしか知りません。

そこで、ちょこっと調べてみました。

別所 哲也 (べっしょてつや)
出身地: 静岡県
サイズ: 身長186cm 体重73kg
特 技: 英会話
趣 味: トレッキング、NFL観戦
学 歴: 慶応義塾大学
法学部法律学科卒業

[T]voice – 別所哲也 Official Web Site

うん?別にこれと言って特別ないな~

英語が堪能なので、アメリカで生活したなど期待したのですが・・・

なぜ、英語が得意なのか理由が見つかりませんでした。

ま~、学生時代、ちゃんと勉強したってことでしょうか?

芸能人の特技って、あんまりあてにならない事があります。

本当のところはどうなのでしょう。

今度、別所哲也が翻訳した、絵本をみてみたいと思います。

別所哲也さんが、ブラックユーモア溢れる絵本を翻訳 (インフォシーク)

 英語が堪能なことでも知られる俳優の別所哲也さんが、初めての翻訳に挑戦した。

 アメリカ人の作家、トニー・ディテルリッジよる「スパイダ-屋敷の晩餐会」(文溪堂刊)という作品で、ブラックユーモア溢れる内容。絵本とはいえ、「これ、子供向け?大人向け?」と思えるような教訓を含んでいる。

 いつかは翻訳をやってみたかった、という別所さんは、「ティム・バートン監督の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』に通じるようなゴシック調で個性的な鉛筆画に惹かれました。単なる直訳にならないように、キャラクターの声やしゃべり方、体温なども想像ながら進めました」と語っている。

 発売を記念して、明日4月26日(土)14:00から、丸善丸の内本店にて別所哲也さんのサイン会が行われる。

別所哲也さんが、ブラックユーモア溢れる絵本を翻訳 – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク