無理です!あなたもタカラジェンヌに 音楽学校、入試緩和

宝塚音楽学校の入試制度が、来春から大きく変わるそうです。

宝塚音楽学校といえば、合格発表の風景を、ニュースで何度か見たことがあります。

かなり、狭き門のようです。

そんな入試が、なぜ変わるの?

どうも、年々、受験生が減っているようです。

記事によると、”受験のハードルを下げることで、年々減っている受験生を呼び戻し、未来のスターを確保したい考えだ。”となっています。

ハードルを下げれば、確かに人は増えると思います。

しかし、未来のスターが、確保できるかは別問題では?

ところで、この入試の受験料ですが、学校によったら大切な収入源のようです。

スター確保なんて言っているようですが、こちらの方がメインでは?

私は、 宝塚音楽学校の受験者が減っているなんて知りませんでした。

その原因は、宝塚歌劇の魅力の低下ではないでしょうか。

私は、普段、阪急電車を利用します。

宝塚歌劇団は、阪急電鉄が運営しているようです。

電車に乗ると、宝塚歌劇の広告を見ます。

しかし、誰が宝塚歌劇にいるか知りません。

逆に、元宝塚って人の方が有名では?

その辺のPR方法も、変えたほうがいいのではないでしょうか。

私の家から、宝塚まで比較的近いです。

でも、イメージ的には、外国ぐらい遠いです。

独特のルールがあるみたいです。

ま~、この先も宝塚歌劇は見ることがないと思います。

でも、機会があれば一度見てみたいです。

あなたもタカラジェンヌに 音楽学校、入試緩和

 歌やダンスの高い素養が求められ、「狭き門」で知られる宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)の入試制度が、来春から大きく変わる。1次試験で実技を廃止し、面接のみにするなどの新制度を25日、同校が発表した。受験のハードルを下げることで、年々減っている受験生を呼び戻し、未来のスターを確保したい考えだ。

 今回の改革では、1次の実技にあった声楽とバレエを廃止。面接のみで400人程度を選ぶ。2次で初めて歌唱と舞踊の実技試験を課すが、初見での歌唱をやめるなど、難易度も下げる。そこから絞り込んだ100~120人が3次試験の面接に臨む。

 また、受験料も現行の一律3万3千円から、1次受験者は1万円、2次以降は2万円とし、受験生の負担を軽くする。

 思い切った改革の背景には減り続ける受験者数がある。近年では04年の1066人をピークに、08年は854人まで落ち込んだ。宝塚歌劇の人気を支えるスターの「原石」をいかに発掘するかが課題になっていた。

 同校では「受験段階での技術の高さより、素質や将来性を重視したい。今まで敷居の高さから、あきらめていた人にも受けて欲しい」と話している。

asahi.com:あなたもタカラジェンヌに 音楽学校、入試緩和 – 文化・芸能

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク