条件きびしいな!金星へ「相乗り」いかが?衛星を公募

宇宙航空研究開発機構は、金星探査機と一緒に打ち上げる、小型衛星を公募するそうです。

条件は、教育や研究目的とし、サイコロ形で各辺が50センチ以内だそうです。

私は、衛星ってもっと大きなものを想像していました。

50センチの衛星で、何ができるのか気になります。

ま~、私が知っている人工衛星と言えば、”ひまわり”ぐらいです。

と言っても名前ぐらいですが・・・

そこで、”ひまわり”についてちょこっと、調べてみました。

ひまわりは、気象観測を行う日本の静止衛星・気象衛星の愛称である。1号から5号までの正式名称は静止気象衛星GMS(Geostationary Meteorological Satellite)、6号と7号は運輸多目的衛星MTSAT(Multi-functional Transport Satellite)である。

【主要諸元】
ひまわり(GMS)

重量:約315kg
全長:約2.7m
円筒部直径:約2.2m
寿命:約12年(打ち上げ1977年7月14日、運用停止1989年6月)

ひまわり2号(GMS-2)

重量:約296kg
全長:約3.5m
円筒部直径:約2.2m
寿命:約6年(打ち上げ1981年8月11日、運用停止1987年11月)

ひまわり7号(MTSAT-2)

重量:約2,400kg
全長:約30m
設計寿命:気象観測5年、航空管制10年

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

いや~、気象衛星の”ひまわり”がシリーズ化されているなんて知りませんでした。

てっきり、1機をず~と使っているものだと思っていました。

また、大きさですが、1号から5号までは3.5メートルなのに、6号・7号は一気に30メートル台です。

ま~、先ほどの説明によると、目的が違うからしょうがないか~

でも、30メートルって、大きすぎるような気もします。

だって、学校のプールより大きいのが、空に浮かんでいるなんて信じられません。

ところで、他に何かないかな~

と思って探していると、こんなサイトがありました。

日本の人工衛星一覧

データは、2006.3.14現在となっていますが、結構な数の人工衛星があるんですね~

日本でこれだけあるので、世界中をあわせれば、かなりの数があるのでしょう。

それだけあるなら、見えるんじゃないのかな?

そこで、ちょこっと調べてみました。

すると、こんなサイトが・・・

意外と多く見える人工衛星

 宵の口や朝方に星空をながめていると、時々人工衛星を目にします。現在、地球の周りには8000個以上の人工衛星またはその残骸が回っています。暗い空ですと肉眼で見える人工衛星の数は数百個、双眼鏡を使うと千個ほどの衛星が観測できるといわれています(もちろん一度に見えるわけではありませんが)。 

人工衛星を見よう

よ~し、ちょっくら、人工衛星を探してみるか~

金星へ「相乗り」いかが?衛星を公募

 宇宙航空研究開発機構は、開発中の金星探査機「PLANET-C」と一緒に2010年に打ち上げる小型衛星を公募する。

 これまで相乗り衛星は地球周辺に限られていたが、金星へ向かう軌道に投入できるという。

 探査機の重さは約500キロ・グラムで、打ち上げる大型ロケット「H2A」に余裕があるため、小型衛星数個を計40キロ・グラム以内で搭載できる。

 相乗りさせる衛星は教育や研究目的とし、サイコロ形で各辺が50センチ以内であることが条件。公募締め切りは5月23日。6月中旬に決める予定だ。

金星へ「相乗り」いかが?衛星を公募(読売新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク