探し方が悪い?「DVD 販売」のGoogle検索結果にびっくり

元記事の内容は、

Googleで、「DVD 販売」で検索したら、1ページ目の8割方、「裏DVD」「無修正DVD」などアダルト関連だったそうです。

その他の検索サイトと言えば、

Yahoo!JAPANは、アダルト関連の結果が少なく、ツタヤオンラインなど一般のDVD販売サイトが上位に来るそうです。

Windows Live Search と 百度も、アダルトが多いそうです。

この記事を書いた人の意見としては、”ネットで「DVD 販売」と検索する人は、アダルトDVDを求める人が大半なのか”って事です。

私も、グーグルで、「DVD 販売」を検索してみました。

確かに、”裏DVD”の文字が目立ちます。

ところで、この記事を書いた人は、Amazon.co.jp以外のDVD販売サイトを探したかったそうです。

どんなDVDかというと、普通のだそうです。

普通?

ま~、映画などでしょう?

今度は、、「映画 DVD 販売」で検索してみました。

すると、それらしいサイトが出てきました。

グーグルは、表示させるサイトを、プログラムが自動で決めているようです。

だから、テクニックで、どうにでもできるようです。

これのテクニックを、SEOって言うようですが。

ところで、なぜ、DVDでアダルト関連かばりかと言うと、こればかりはグーグルに聞かなければわかりません。

しかし、検索サイトの仕組みは、トップシークレットなので教えてくれないでしょう。

でも、ちまたで、SEOとしていろいろな事が言われています。

それらから推測すると、アダルトサイトは、ページに”裏DVD”の様な文字を何度も使っています。

また、普通のサイトは、”DVD” 以外に ”映画” の文字が沢山見えます。

つまり、SEOの技術を利用しているのではないかと推測できます。

私から言わせれば、

「あんた、探し方がわるいよ」

検索する場合は、もっと具体的な言葉が必要だと思うのですが・・・

ま~、今の検索サイトの技術では、しょうがないかな?

こればっかりは、いたちごっこなので、ずーとこのままかも知れませんね。

「DVD 販売」のGoogle検索結果にびっくり

Amazon.co.jp以外のDVD販売サイトを知りたいと思い「DVD 販売」でググったら、その結果が予想外でびっくり。

Amazon.co.jp以外のDVD販売サイトを知りたいと思い「DVD 販売」でGoogle検索して驚いた。検索トップを含め、結果1ページ目は8割方、「裏DVD」「無修正DVD」などアダルト関連のリンクだったのだ。普通のDVD販売サイトを探していた記者(♀)は困ってしまった。

Yahoo!JAPANは逆に、アダルト関連の結果が少なく、ツタヤオンラインなど一般のDVD販売サイトが上位に来る。最初の数ページだとアダルトは1割程度で、ある意味安心して検索できる。Windows Live Searchはアダルトが多い。百度もアダルトがかなり多めだ。

これはユーザーのニーズを反映した結果なのか――つまり、ネットで「DVD 販売」と検索する人は、アダルトDVDを求める人が大半なのか――それとも、アダルトDVD販売業者のSEO対策がうまいのだろうか。と思ってGoogle検索トップのサイトのPageRankを調べてみたが、結果は「2」とかなり低い。謎だ……。

ねとらぼ:「DVD 販売」のGoogle検索結果にびっくり – ITmedia News

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク