通話料が安いから?インド携帯加入が世界2位 2億6千万台、米を抜く

インドの携帯電話の加入台数が、アメリカを抜いて2位になったそうです。

で、1位はと言うと、中国みたいです。

記事によると、05年のインドの加入台数は、5千万台あまりだったそうです。

しかし、3月末に2億6100万台に達したそうです。

どうも、急激に普及したみたいですね。

なんで?

通話料金が、世界で最も安い水準だからみたいです。

ちなみに、通話料金は1分1ルピー(約2.5円)程度だそうです。

と言うより、みんなが持っているから普及したのでは?

いまだに携帯電話を持っていない私は、ふとそんな事を思いました。

インド携帯加入が世界2位 2億6千万台、米を抜く

インドの携帯電話の加入台数が3月末に2億6100万台に達し、米国を抜いて中国に次ぐ世界2位に浮上した。インド電気通信監理局の統計で明らかになった。インド政府は2010年までに5億人の加入を見込んでいる。

05年の加入台数は5千万台あまりだったが、年8~9%の経済成長とともに急速に増えた。通話料金が1分1ルピー(約2.5円)程度と、世界で最も安い水準にあることも、普及を後押ししている。

米業界団体のCTIAによると、米国の加入台数は3月末で約2億5700万台。中国は5億台を超えている。

asahi.com:インド携帯加入が世界2位 2億6千万台、米を抜く – ビジネス

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク