あれとは違う!米国:「一夫多妻」実践する教団の農場で、少女ら183人保護--テキサス州

話題としては、4月7日のものなので、ちょっと古いですが気になったもので・・・

アメリカのテキサス州当局は、西部エルドラド近郊で、「一夫多妻制」を実践するモルモン教分派「末日聖徒イエス・キリスト教会原理派」の農場を性的虐待容疑で捜索したそうです。

そして、女性や少女ら計183人を保護したそうです。

町などで、スーツ姿でヘルメットをかぶり、自転車に乗る2人組みの外人を見たことがありませんか?

その人たちは、モルモン教です。

しかし、今回の記事のモルモン教とは違います

また、今のモルモン教は一夫多妻制を廃止しています。

私の、モルモン教との出会い。

祭りの日です、外人がチラシを配っていました。

そのチラシをみると、無料英会話の案内でした。

無料!

私の大好きな言葉です。

もちろん行きました。

そこにいた外人が、モルモン教でした。

ところで、日本では、オウムの事件以来、今まで以上に宗教とは、うさんくさいものと認識されて入るのでは?

私も、そのように思っていました。

もちろん、その英会話もモルモン教布教の一環です。

と言っても、強烈な勧誘はありませんでした。

かなり親しくなって、こそっと

「教会に遊びにこない?」

って誘われるぐらいです。

場合によったら、まったく勧誘はないかも知れません。

ま~、私も、いろいろなモルモン教信者を見たわけではないので、これが絶対とはいえませんが・・・

ところで、私は、やばそうなところに行くのが好きです。

昔は、怪しい勧誘など喜んで行っていました。

このモルモン教も、あまりいいイメージはありませんでした。

調べてみてわかったのですが、

80年代だったかな?

この時に、モルモン教の一部?が、かなり強引な勧誘をやったようです。

たぶん、この時に、無意識にモルモン教の名前を聞いていたのだと思います。

ところで、私も、モルモン教の教会に行きました。

最初に、お勉強会みたいなのがありました。

まず、神様についてです。

それほど、深い内容ではなかったと思います。

一般的な、基礎知識だったと思います。

他のお勉強は、どちらかと言えば、道徳的なものだったと思います。

モルモン教は、お茶を飲みません。

なぜなら、カフェインが入っているからです。

そんなのがあるから、誤解されるのだと思います。

食べすぎ、飲みすぎには気をつけて、体を大切にしましょうって感じだったかな?

お勉強会の後に、集会?がありました。

みんなで、賛美歌を歌います。

これって、結構、きもちいいですよ~

次に、お話を聞きます。

この話は、信者が感謝の言葉を言うのを聞いています。

この感謝ってところが、ミソではないでしょうか?

愚痴は一切ありません。

どんな些細な事でも良いようです。

あんまり、皆聞いているように見えませんが・・・

そんな感じで終わります。

全体的な感想です。

怪しいのは、私達の方ではないでしょうか?

彼(彼女)らは、質素な生活を送っています。

まるで、テレビもラジオもないような、時代の人々のようにも見えます。

神様、今日もありがとうございますって感じですかね~

ところで、オウムの事件の時に、信者に高学歴の人がいた事で話題になっていたと思います。

あれって、仕方がないと思います。

なぜなら、私達は、宗教の教育を受けていないからです。

実際に話を聞いてみると、目から鱗です。

まるで、心が開かれるようです。

種明かしすれば、すべての宗教は根本は同じです。

どれも、同じような話をします。

しかし、宗教に免疫のない場合、

「こんなすばらしい事を、聞いた事がないぞ~」

と思い、その宗教にはまってしまいます。

オウムの場合は、たまたま悪い宗教だったって事です。

あなたも、一度、宗教をやってみれば?

って言いたいですが、こんなに気楽には言えません。

”宗教をやる場合は慎重に” 

これが私の考えです。

どこぞの、サラ金のキャッチフレーズのようですが・・・

すべての宗教に共通する事は、

自分の宗教が正しくて、他は間違っているです。

しかし、よくよく聞いてみると、すべて同じです。

でも、決して相容れる事はありません。

宗教の違いで、戦争などの争いごとがあるくらいです。

また、宗教は、人間の心の奥深くにあるものです。

信じてしまえば、他人の忠告など耳に入りません。

もし、それがオウムみたいな場合、取り返しの付かない事になります。

このように、気をつけなければいけませんが、一度は本当の宗教に触れてみるべきです。

いろいろな勉強になります。

また、そうする事によって、外国人の考えがわかるかもしれません。

外国では、日本では考えられないくらい、宗教が身近にあります。

でも、くれぐれも慎重に・・・

何度も言いますが、

気軽な気持ちで、宗教には接しないでください。

取り返しの付かない場合も起こるので・・・

で、私は、今もモルモン教と関わりがあるかと言うと、まったくありません。

教会も、数回行っただけです。

だって、日曜日に早起きできないも~ん。

私は、どっぷりと俗世間に染まっているので、心清らかな生活は無理のようです。

米国:「一夫多妻」実践する教団の農場で、少女ら183人保護--テキサス州

 米テキサス州当局は西部エルドラド近郊で、「一夫多妻制」を実践するモルモン教分派「末日聖徒イエス・キリスト教会原理派」の農場を性的虐待容疑で捜索した。捜索は3日夕に始まり、5日までに女性や少女ら計183人を保護した。CNNテレビなどが伝えた。

 テキサス州児童保護局によると、捜索の直接の容疑は教団の男(50)が昨年、法定年齢に満たない当時15歳の少女と結婚し、現在生後8カ月になる赤ちゃんを出産させた疑い。

 教団の信者はユタ、アリゾナ両州を中心に約1万人。4年前に農場を購入し約400人が移住したとみられる。モルモン教は1890年に一夫多妻制を廃止したが、分派した一部が維持している。

毎日新聞 2008年4月7日 東京朝刊

米国:「一夫多妻」実践する教団の農場で、少女ら183人保護--テキサス州 – 毎日jp(毎日新聞)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク